ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

企業を支えるのは人

   

解ってはいても、どうしても売上げだ、生産性だと数字に負われてしまうけれども、基本は企業は人が支え、お客様との間も人が繋いでいるんだということを忘れてはならないと私は痛感しています。そのわりには、どう人と接するのかを失敗から学んだ事も沢山ありました。

以前の会社で私は上司に支えられていると思っていました。入社した時には家族以外知っている人も居ない中で、家族より接する時間が長く、しかも優しく話しかけてくれたのは上司でした。私にとっては他人以上に大切な存在です。だからその人達のためならばと、まるで自分の会社を成長させるがごとく仕事に熱心になりました。けれども、部下には厳しかったのです(苦笑)

「なぜこれくらいのことができないのか」「どうしてそんな無責任なのか」と批判的でもありました。結局、部下は去っていきました。しかも「仕事をしていても楽しくなかった」と言い残していきました。その部下のおかげで、私はやっと「自分の思いが絶対ではない」「仕事は厳しくとも楽しめる時間が必要」「部下が支えてくれていたんだ」と基本的なことに気づく事ができました。
一緒に居られるときに気付けばいいのに、言わせない雰囲気があったのでしょうね。何度となく「私がこれから改善したほうが良い部分はどこ?」って聴いていたのだけれど、言わせてあげられる雰囲気を持っていなかったのでしょう。自分のエゴを押し付けていたに過ぎなかったのです。

そんな事に気付かせてくれた部下の後、私は一人で苦労をしました。そんな私を見てみてまた部下を雇ってくれたのです。今度こそは・・・・。
そんな思いで居ましたが、今度は前のことを教訓に、自分でも上司からみてもすごく接し方が変わりました。おかげでその部下とは今もたまに会える仲です。

結局、人にどう焦点をあてるのかは、私がどうその人に興味をもち、その人を理解しようとし、その人と高めあうことについて話せるかなんだなと思えるようになりました。
それが、結果として業績に結びついていく。
人としてのつきあい方について深く考えさせられました。

今日もまた人についてこれから考える時間です。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング, リーダーシップ研修 , , , , , ,