ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

自然に縛られていることがある

   

組織に属していると、自然にそのルールに従わなければという思いがあるのですが、それが発想力を奪ってしまう事もあるという事を感じました。

昨夜(2010年12月5日)に、コーチングの指導者の勉強会が電話でありました。その場に参加してみると、自分が自然と捉われていることがあったことに気づきました。

「指導の際は教科書に副って行ってください。」というルールが徹底されていました。そのために、「現状のビジネスでは違うんだよな」「なんか古臭いこと言っているな」などとどこかで違和感があるために、教科書に副って教えることへの抵抗感がありました。そのために教えるのではなく、参加者の経験から引き出していきながら、少しだけ教科書に触れるという方法を選んでいたのですが、どうも「教えて欲しい」という意向を持っている参加者もあり、マッチしない部分を感じていました。

けれども、昨日の勉強会に参加したことで、「今の時代にあったものを扱ってもよい」という発想に変換できました。というのは、その勉強会を担当してくださっていた方自体が、「今はこの教科書は古い。でもそれを現状どうなのよって扱い方もありだよね」とおっしゃってくださったことで、自分の捉われていたものに気づけました。

いいんだ!なら大丈夫!
という壁が一気に消え去った気分でした。
その瞬間まで、窮屈だなと思いながらも、縛られすぎてしまっていることもに気付かずに居たんだなと思いました。自分で気づく事はできない。他の人の言葉を聴く事で気づく事ができるんだなと体験しました。

今日もこれからクラス運営です。
今日はワクワクしています。楽しみます。

あなたは自然に縛られている考え方ってどんなことでしょうか。

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング , ,