ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

目は口ほどに物を言った

   

ここ最近、凄く激動でしたので、週末は凄くぐったりと疲れが出てしまいました。が、お陰で完全復活!!
でも、この完全復活のきっかけは、休んだことではなく、もう一つのきっかけが大きかったように思います。

改めて「目は口程に物を言う」と言うのは本当だなと思った事がありました。
私は特に、視覚的な要素に敏感なようで、ちょっとした感情の変化なども表情や仕草から感じ取る事が得意のようです。が、その心意は確認しないと解りませんが、目から感じるものに対しては特にこの「目は口程にモノを言う」と言う事を体感し易いのかもしれません。

こうした観察という意味での話だけでなく、相手が表情などから伝えてくれるものに対して、私の感情も反応するんだなという事も感じる事ができました。

激動の中、不安定になっている自分は、周りの人が元気になっているのか、楽しそうにしているのか、という点でした。
自分が関わる関わらずに関係なく、笑っている表情があるとホッとします。
もしも、元気がない人に、少しでも笑顔になってもらえたとしたら、ホッとします。
反対に私のせいで、周りを暗くしてしまうことがあるなと感じたら、それは私には更に落ち込む要素になってしまいます。
お恥ずかしながら、自分でコントロールできる事ではなく、周りに影響を私が受けやすいのでしょうね。

私自身が元気な時には、「smilecoachさんと会うだけで元気になる」と言われるほど、どうやら私の元気が良い影響を与えられる事もあるようですが、私自身に元気がない時には、私が周りに影響を受けやすくなっているようなのです。
ある意味、私の心の元気度のバロメーターとして、マイナスになっているのかプラスなのかを知る大切な要素でもあるのかもしれません。

そんな私は寝込んだということは、きっと「マイナス」だったのでしょうね。
周りからの影響を気にしたり、私自身が良い影響を与えられてないのではないかと悩んだりした結果が、身体に現れてしまったのでしょう。

そんな時に、家族の笑顔って凄くパワーがあるのだなと感じました。
母のホッとさせてくれる笑顔と、娘の楽しそうな笑顔。
寝込んでいるからこそ、家族しか接することがない時に、その家族の笑顔は、私をホッとさせてくれました。

気づいてみたら、いつの間にかエネルギーチャージされていました。
身体に出てしまったものはメンテナンスは必要なのですが、心のエネルギーチャージは完了したようです。

しかし、改めて「元気になって」「頑張って」と言われる言葉よりも、「そのままでいいよ」「私も頑張ってるよ」「よく頑張ってるね」と勝手に汲み取って伝わってくると感じている「笑顔」の方が、私にはエネルギーになりました。

人は、一人では生きられない。つまり、関係性の中で生きている。
その中で、言葉ではないのに、多くのことを伝えてくれる「表情」、特に「目」は、大きなエネルギーを与えたり、もらったりできる大切なものなのだと感じる事ができました。

母と娘の笑顔に救われた週末。
エネルギーチャージされた今日からの日々の大切な糧にしていきます。

そして、もらったエネルギーを少しでもおすそ分けできるように、私自身も笑顔で接していきたいと思います。

さて、あなたは今、何も語らないまま、目で何を訴えているのでしょうか。周りにどんな影響を与えているのでしょうか。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング, リーダーシップ , ,