ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

オフに何をするのか

   

オフの過ごし方は多種多様であって良いと思います。
起業した頃には、前に勤めていた会社の社長に「幹部は24時間会社の事を考えるもの」という教えが頭にあり、おやすみでもしっかり休めたかどうか疑問です。
特に一人で仕事をするようになると、皆さんの休んでいらっしゃる時こそ、頑張ろう!と思ってきました。
が、本当にそうなのだろうか。

娘が体調を崩し、いろんなことが起こっていた昨年度。釣られたのか自分の体調まで落ち着かなくて、本当に色々とありました。
極力、仕事と家庭のバランスを変えながらも、常に何かをしていて休んでいる気分ではなかった気がします。

が、今年度になって、少しだけ好転し始めると、改めて「何も考えないで休む時期も必要なのではないか。」と思うようになりました。とは言っても、考える時は自然に考えてしまうのだから、意識しなくても考えてしまうのならば、一層のこと「仕事と離れて、思いっきりオフ」という時期を持っても良いのではないかと。

ゴールデン・ウィークをその時期だとすることになりました。
娘の体調が少し落ち着いた事もありますが、娘も「お母さん、できれば出張減らして欲しい。」と寂しさを口にするようになりました。一人っ子なので、母であり、友であり、ケンカ相手でもあるのでしょう。身体が好転しても、精神的には不安定なのでしょう。

それでも、私も仕事が好きで、誰かのために何かをしている自分で居られる事も大切なので、その対象が子供でもあり、他の人でもあるため、出張は減らしても、仕事は続けたい。そう思って、今年はかなり仕事の仕方を変えてました。
せめて娘が、身体も全快し、精神的な不安定さが落ち着くまでは・・・。

両立の難しさを目の当たりにしながら、「仕事をとるか、家庭をとるか」の二択ではなく、「どちらも大切にする方法を見つける」事に、家族とも話をしながら、常に向き合っている気がします。それだけに、気づいたら私自身が気の休まる時間を取れていないのかもしれないと。

思いっきり、ゴールデン・ウィークは楽しもう!
そのためには、それまでにやっておくことをやっておこう!
会社員だった時には、週末の休みがあり、平日のオンがあり、とはっきりしていたのに、気づいたら自由なだけにずっと仕事も家庭もダラダラとずっと考えて行動していて、休めてなかった。
久々のメリハリ感。休む時のために、今日までをしっかり働く。明日からの休みに備える。

本当は、連休で混むのが解っているのに出かけるのは苦手。
でも、子供にとっては楽しみな連休なんだから、一緒に楽しもう。
そして、しっかりいろんな五感を刺激して戻ったら、また仕事に取り組めばいい。

世間のオフにオフらしい休み方なんて久しぶり。起業して10年、初体験です。楽しみます。
さて、今日一日オフをオフらしく過ごすために頑張ります。

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - リーダーシップ , , ,