ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

リーダーほど馬鹿になる

投稿日:2015年12月14日 更新日:

以前の職場で、「ほっかむり経営」と社長は仰っていましたが、「ついついよく見せたくなる」のは二流。一流は見せなくても溢れ出ちゃうので、逆に見せようとしない方が良い。と仰っていました。これは、I社長の美徳なのでしょうが、リーダーもそうあるのが格好良いのだろうなと、私なりの解釈をしたことを今でも思い出します。
そんな時に、昔の友達とあって、嬉しかった事がありました。

「変わらないね」という言葉です。
みんなは、HPなどを見てくれて、どうも全然変わってしまったと思ってくれていたようです。本当はそうであった方が良いのかもしれませんが、性格が変わるわけでもないですし、やはり変わらないものは変わらないんですよね。
それが、友達に伝わったというのは嬉しかったです。

別の時に、面白い社長にお会いしました。
「smilecoachさん、俺はなぜか嫌われるんだよ。会社で浮くのは仕方ないと思うし、友達とも違うから、浮くのは仕方ない。でも嫌われているんだよ。何でなんだ?どう見える?」と、仰った後、沢山の武勇伝を聞かせていただきました。凄い方なんだなあと感じました。
と、同時に、嫌われて困っているようには聞こえなかったのです。

「確認しても良いですか。嫌われたくないという事でしたっけ?」
そうだと仰るのです。
でも、浮くのは気にならないわけだし、好かれようとも思わないと仰る。ん?

「好かれたいようにも感じないのですが、本当はどうしたいですか。」

かなりの沈黙・・・。
その後出たのは、「俺は凄いって言ってもらいたいだけかもな。もっと馬鹿になれたら違うのかもな。それは、極論だけど、もう少しで良いから、俺もまだまだ、と言えるようになったら、違うだろうな。いや、違うな・・・・。」
一つ言葉にするたびに、1つまた考え、色々と考えていらっしゃいました。

最後にどんな結論になったのかはその方と私の秘密です。
でも、私は、その「もっと馬鹿になれたら」という極論だと仰った時に、私自身もハッとしました。

「最近、調子乗ってるんじゃないの?」という私自身への問いがあったので、刺さったのでしょうね。
馬鹿になるという言い方は、私には馴染まないですが、「もっと普段の私のままを見せたらいいのに。」「自然体」というような言葉が頭に浮かんできました。

「自然体」って簡単なようで難しくて、「こう見せたい」「こうありたい」などが邪魔をして、自然体になれていなかった。(つもり)
でも、仲の良い人に伺うと、「漏れ出てるよ」と言われました。見せようとしなくても見えてしまう私と、見せたい私像があって、そう見てもらえるように頑張っていた私。
でも、漏れ出ちゃうんだなって解ってみて、「自然体」で居たいと思いました。

良い悪いを自分で判断するから、見せたくない自分や、見せたい自分が出てきてしまうけど、それもこれも私なので、ありのままの私が、どう見られるかを意識するより、自分が自分で居られたら、それだけで、何かしらの影響力があるのかもしれない。それを見極めていけばいいや。と。

その社長のおかげで、私も凄く考えて、結果、私は「自然体」「シンプル」という言葉を手に入れました。
来年のテーマはこれで決まりかな。

「見せたい自分」に囚われ過ぎていませんか。
あなたは、あなたのままで素晴らしい!!
あなたの素晴らしさを発揮して、周りに今までと違うかもしれない影響力を与えてみませんか。
あなたらしく。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.