ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング マネジメント 人材育成 組織の活性化

知らない事を知る機会を持つ

投稿日:

先日、ある子に対して、思わず拍手が起こった事がありました。
それはあるA君の物事の捉え方でした。

毎年ご縁があって伺っている中学校。
その中学校で、1時間の授業を担当させていただいているのですが、その時に毎年、私も考えさせられることがあります。

特に今年は、みんなは知らないことを知るだけも、こんなに感動し、影響を受けるんだということでした。

ある問いを発したのですが、その問に対する答えを全校生徒の中で、手を挙げて発言してくれる子達が沢山居る学校で、いつも嬉しく問いかけをしています。
その問いかけの中の一つに、手を挙げて言ってくれたA君に拍手喝采でした。

それは、「そんなに物事を前向きに捉える事ができるんだ!」という感動でもありました。

その答えを聞いた瞬間、みんなは自然と拍手をし、「友達のことを信頼しているならば、こうでなくちゃ!」という新たな物事の見方を手に入れたようにも見えました。

小声で、「私もそうやって考えるようにしよう」と言っている子達も居ましたし、自分の仲の良い子に目を向ける子も居ました。
先生たち自身も、「あんな物事の捉え方があるんですね。あの子がね。。」と感動をしていらっしゃいました。

私には感動だけではなく、知らないことを知った事で、パッと視界が広がった瞬間のように感じました。

今回は中学生でしたが、職場でも、やはり知らないことを知った時には、パッと目の前が広がる感動がありました。
ただし、それは興味を持っていることに対してのみです。

今回は、「問いかけ」がその役割を果たし、一人ひとりが考えている所に、全く異なる意見が聞けた事で視界が広がるという体験をしました。

学ぶ楽しさよりも、知っている事の中で居るほうが安全に感じてしまいますが、実は、知らない事を自分事として受け取る事ができたら、安全領域も一気に広がるのかもしれないと、今回のことを体験して感じました。

あなたは、知らないことを知る機会をどう見出していますか。
知らないことを知った時に、どんな反応をしていますか。

自分には当たり前だから、周りの知らないことを知る機会を奪っていませんか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング, マネジメント, 人材育成, 組織の活性化
-, , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.