ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

コーチングって何なのか?

投稿日:

最近、ちょっと概念的なことを話してきたり、問いかけたりとしてきましたが、今日から自分のためにも少しコーチングの話しをします。
正直、コーチングって何なのか、私自身、まだ一言で言えてないなと思いますが、違いは明確になってきましたので、そんな話をします。

コーチングはICF(国際コーチ連盟)で定義されているものとしては、「クライアントの生活と仕事における可能性を最大限に発揮することを目指し、創造的で刺激的なプロセスを通じ、クライアントに行動を起こさせるクライアントの提携関係」となっています。

言葉だけで理解しようとすると難しく感じますが、体験の有る方は意味は伝わるかと思います。が、まずは「教える」人ではないという言うことです。そして、提携関係=パートナーであるということだと言うことです。

コーチング本来は、ティーチングやコンサルのように情報提供をしたり、教えたりはしません。また、相手を正そうという事もしません。けれども、鏡のようにパートナーとして、対等の関係であるために、感じたことは率直に伝えます。相手の影響力についても伝えます。

実際には、コーチングと何かの手法を組み合わせて、コーチングと何かを提供する場合もあると思います。がそれは、コーチングとは離れますという事であったり、その時間がコーチングじゃないことを明確にした上で行うことが、本来のあるべき姿でしょう。

すると、コーチングに必要なものは何か。
「●●を解決したい」「もっとこうなっていきたい」「☓☓を達成したい」など、何か自分のしたいことや、抜け出したい何かが有る時には効果があるのだと思います。
実際には、こうした「したいことが明確な人」は少ないと感じています。それは、ただ見えなかったり、日々に奔走していたり、進みたいのに進めないと諦めていたり・・・。もがいちゃいるけど、どうしたらいいんだ!と思っている人も少なくありません。
ですから、この何を達成したいのかを明確にする事に、かなり多くの時間を割くこともあります。けれども、見つけなくちゃならないわけではなく、「毎日が楽しくあればいいのに」と、生き方そのものに対してのテーマが浮かんでくることもあり、これには先にどうしていきたいというよりは、日々こうでありたいという事の方が大きいわけですから、人それぞれです。
ただ、コーチは可能性を最大限に発揮するためのプロセスに関わる人ですから、その人がどうしたいのか、どうありたいのかなどが見えてこない事には、サポートのしようがないのです。
まずは、テーマを具体化すること自体が、大きなステップになるんですよね。

実は、テーマが決まり、その人が本当に実現したいことが明確になり、気持ちも高ぶってきたら、自分で動けてしまうんですよね。
だからこそ、そのエネルギーを引き出す役割も担っているのだなと最近は思います。

と、言ってきましたが、クライアントさんとのやりとりはお伝えする事ができない(守秘義務)ので、私の体験談です。
私自身にもコーチはつけています。そのコーチとのやりとりで大きいのは、以下の3点でした。

  1. 自分がどう見えているか、私自身が気づいてない部分についても率直にありのまま伝えてくださるので、自分の気づいてない自分に気づく事ができる。
  2. 自分の目標に向けて良き理解者であり、私自身の理解者でもあるので、自分をさらけ出して見せる事ができる。そのために、抑えている感情を吐き出すことも出来、感情のコントロールもできるため、周りへの負の影響力が減る。結果として、支援してくれる人達も増えた。
  3. とにかく自分の話を真剣に聴いてくれ、進むためにどうするか。今何ができていて、何が足りないのか、自分で自分の事が整理でき、迷いが減り、勇気を持って進むことできる。

その他にもありますが、上記の3つは大きかったです。

あくまで私の場合なので、他の人が同じだとは思いません。しかし、上記は、だれかにやってもらうことを期待するのではなく、自分で行動し、手にしたいことを手にするために凄く重要でした。

しかも、自分にとって今不必要な事との仕訳もできるようになり、周りとのバランスも考えながら、軽く前に進めるようになりました。

コーチは、本当に寄り添う存在で、目的に進む現在(プロセス)を鏡のように見せて下さる存在です。だからこそ、コーチing(現在進行形)と言うのでしょう。

私自身、大きな成果は、子供に接する仕事をする機会を諦めなかったこと。地域の人達と一緒にあの人の話を聞きたい!と、大物の話をお招きして、地域の人とともに聴けたこと。何より、今を楽しく生きていること。です。

それを手に入れた時のコーチは、自分にダメ出しばかりの私を自分で認められるような質問をしてくれて、こんな私でもできるかもと思わせてくれました。子どもと接する機会のある仕事を思い出させてくれる質問や、そのことを話している私がワクワクしているのをじっと聞いていてくれて、やりたいと思う熱意を高めてくれました。ちょっと無理しすぎた時に、声が元気がないと自分の疲れに気づいて居なかった私に気づいて、ペースを考えさせてくださいました。一人で頑張ろうとしていた私に、サポートしてくれる人は居ないのかと仲間を作るきっかけの問いを下さいました。聴いて、質問して、微笑んで、認めてくれて、感じたことを伝えてくれました。時に痛いフィードバックや、ためらっている事をしてみないかという提案も頂きましたが、それもまた今の私につながっています。

きっとコーチに出会わなければ、こうした自分になることを諦めていたと思います。けれども、夢が現実にできることを知りました。だからこそ、そうした思いをする人達を一人でも増やしたくて、コーチになりました。

 

ただ影響されやすいだけの私ですが、一人でも多くの人達のお役にたてる事をこれからもしていきたい。生まれた時に亡くなっても仕方ない私を諦めず救ってもらったのですから、これからは私が恩送りをする番だなあと。

コーチングは、言葉ではわかりづらいと思いますが、まずは私でも、私以外のコーチでも(相性もあるので私が良いとは決して申しませんし、他のコーチ達も素敵な方々が多いです。)体験されてみるのが一番だと思います。

が、少しでも体験を通して伝わればと思います。

思うまま書いているので、わかりづらかったら、質問も下さいね。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング
-, , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.