ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

どこで見られているか解らない

   

ある日、タクシーに乗りました。その時のドライバーさんとのやりとりで「どこで見られているか解らないものだな」と思いました。

そのドライバーさんに見覚えがあったために「以前も乗せていただきませんでしたか?」とお伺いました。すると、「はい。二度目ですね。」と覚えて居てくださいました。こんな偶然もあるんですねとお話しが盛り上がる中で、ふとそのドライバーさんの物腰の柔らかさが気になって、以前は何をされていたのかを私から伺ってみました。

すると、研修が終了した時にも乗せていただいている方で三度目であることが発覚。思わず、「あれ?今の話は、●●から研修後に送って頂く時に伺った事があります。もしかして、同じ方ですか?昼間とはイメージが違いますが・・・。」と正直にお伝えしたところ、「あっ、覚えています。ずっとニコニコとされていて、講師されている方なんだなと思いましたが、スーツが白っぽかったので、覚えています。今日はイメージが違うので解りませんでした。」と。

ドライバーさんも覚えていて下さいました。がお互いに、明るい時間の印象と違っていて、気付かなかったんです。

ドライバーさんは、続けられました。
「日中お会いした時には、ニコニコはされているけれど、お声掛けしても良いか迷いましたが、途中からお話しできて、私にとっても楽しい時間でした。が、ここ二回は、最初からお話ししやすくて、同じようにさわやかな印象はありましたが、違う方だと思っていました。私も、夜は酔った方も多く乗せますので、昼間よりはお話しかけしやすいように気にしています。」と仰っていました。

偶然とは言え、ここ2ヶ月位の間に三度も乗せていただくなんて、ビックリですが、どこでどう見られるのか解らないものだなと感じました。

公務員だった頃も、上司から「公務員というのは意外に地域の人たちに知られているから、仮にプライベートな時でも公務員である自覚は忘れないように」と言われていました。その事をふと思い出され、どの職業でも同じなんだなと知りました。

自分が、昼間は笑っているのに声をかけづらいイメージもあるんだなと一つの見方を知ることも出来ましたし、夕方以降は表情が変わっているのだなという事も知りました。私としては、昼間も声をかけやすい存在で居たいなと思います。
ただ、ちょっぴり昼夜問わず「さわやかな印象」と伝えられたのは嬉しかったです。そこに私らしさがあるのかもしれませんね。自分では見えない事だからこそ、この偶然の三度の出会いで覚えていて、伝えて下さった事は大切にしたいと思います。

そして、これからどこかで出会う人達と、いつも変わらないなと思っていただける人間力を磨きたいなと感じています。
が、講師モードの時とのスイッチ、確かにありますものね。終わった時とでは違いますものね。ちゃんと自分のスイッチオン状態がどういう状態に見えているのかも、今後聞いてみたいと思いました。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, リーダーシップ