ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ありのままの自分を大切にしたい

   

ある経営者から連絡をもらった。人が信じられなくなりそうだと・・・。
私にもそうした経験はあります。だからこそ、他人ごとには思えなかった。辛いだろうなと思い量るしかできないけれど、私には聴くことしかできないので、話を聞いてみました。

その方は、本当に普段から人を信じ、信頼されてもいる人だと私は感じています。そして、私もその人を信じている人の一人です。
ですから、周りで何が起ころうと、噂が起きようと、今まで噂より本人を信じてきました。ですから、その人が、そこまで考えるって余程の事ですし、本人も「生まれて初めて」と仰っていました。

しかし、その数日前まで私は、この経営者に対し、「私の事は信じてくれていないのではないか」とちょっと疑ってしまうような場面がありました。きっかけは些細な事ですが、疑いたくないから確認をしようとして、まずは周りの人に聞いてみました。
きっと私を「信じきれていない」と言われる事が怖かったのだと思います。いつもなら本人に直接聴くのに、「そんな事を本人に聴くこと自体が疑っている事になるんじゃないか」「プライドを傷つけてしまうことになるのではないか」と多くの事を考えたけれど、結局は、自分が傷つくのが怖かったのだと思います。

今回、電話を戴いて、この事も正直にお話をしました。
すると、その経営者の方も、自分の思いを語って下さいました。そして、その話の中にも、私と同じように、自分の事を解って欲しいんだという思いが招いた「スレ違い」があることにも本人が気づかれていらっしゃいました。

「こうありたい」と思うことは素敵な事だけれど、100%そうでなくてもいいんじゃないかなと今は思います。
「強くありたい」と完全に強い人よりも、「こんな一面もあるのね」と周りに思ってもらえる人の方が人間味を感じます。親しみも感じます。
その自分も含めて私であり、その人。

話しているうちに、まるでその人が私の鏡のように思えてきて、こう思いました。
「もっと自分を信じてみたいね。そしたら、人を信じるとか信じないとかより、ありのままを受け取れるようになるんじゃないかな。そのために、まず自分のありのままを受け止めてみようよ。」

その経営者の方の気づきは別の部分にあったのですが、その経営者の方と話す事で、私自身に対して、そんな言葉を投げていました。
その人はその人のままで素晴らしい!
そして、私も私のままでいい。

100%完璧な人間よりも味がある。それが個性になる。
それでいいじゃないかな。

そんな事を私、そして関わる人達に送りたいと思いました。

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング