ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

認めて欲しいのは誰に?

投稿日:

以前、こんな事がありました。
「認めて欲しいんですよ」と言いながら、他の人に褒められても「いえいえ」と謙遜ではない様子で、否定している方がいらっしゃいました。
私もそうでしたから、良く解るんです。

決して、同じだとは思いませんが、似ている人が多い事に気付かされます。
「あれ?認めて欲しいんじゃないの?」と自分で自分にツッコミを入れたこともありました。

「認めてくれているポイントが違う」と言う場合は、「そんなことないですよ~」と言いながらも、結構スルーしてしたし、
「認めてくれるポイントばっちり!」と思うのに、「いえいえ」違うと思うこともありました。

一体、私はどうしたいんでしょうか。
当時の私がふと気づいたのは、一番認めて欲しい人は誰なのか?です。

私は、正直、父親と、亡くなられた前の職場の社長です。
二人共あまり?ほとんど?全く?褒める人達ではなかったので、その人達に認めてもらったら本物だ!という思いがあったのかもしれませんし、単に尊敬していたからかもしれません。
けれども、今は二人共この世界には居ません。

それでも、二人はどう思うだろうか?と考える事があります。
今となっては、二人ではなく、二人を通して、私自身が私を認めたいんでしょうね。

ただ、亡くなってから「褒めてたよ」「認めてたよ」と耳にする機会もあって、その声を直接聞きたかったと言うのも本音です。

いづれにせよ、私は現存する誰かではなく、その二人に褒めてもらいたいから良いのかもしれません。
なぜなら、現存する人だと、頑張ったのに褒めてもらえないとか、認めてもらえないと凹む、なんてことも考えられますが、私の場合は、あくまで想像になってしまっています。

言葉はいただけなくても満足できるからです。

あなたも認めてほしいと思ったことはありませんか。
いったい誰に認めてもらえたら満足できますか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング
-

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.