ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コミュニケーション マネジメント

ギリギリは重要な事を軽く見せてしまう

投稿日:

昨日が締め切りの研修資料を提出しての失敗です。
いやあ、こんなに気分良くないのも久しぶりです。私がまいた種なんだなあと反省しました。

というのは、期限が昨日だったために、昨日提出で何とか間に合いそうだとギリギリに提出になってしまいました。
提出は間に入ってくださっている企業様への提出だったのです。
ところが、本当にギリギリだったようで(研修先企業様へ早目に提出することに変更になったそうです)、研修中に何度も何度も携帯電話が鳴っていました。

気が散るのが嫌で、携帯電話をマナーモードからサイレントモードにしていました。
休憩なくそのまま時間が過ぎ、夜の19時。「明日お電話下さい」との伝言を伺い、明日で良かったのねと思い、安心して帰宅。

お家に着いてみると、何通ものメール。
相当、急いでいらした事が判ります。

その上で内容を拝見したら、「(私の)資料が不足していて、これでは提出できません。私が明日から二日間おりませんので、3日後の朝に完璧なものを提出されるか、他のこの資料を使わせていただくか、二択でお返事下さい。」との内容でした。

「時間かけて作成したけど、若干詰めが甘いので、確認をお願いします。」とはメールしておいたのですが、見直す時間がないからと、上記のお返事。
「私も今日から二日間、びっしり研修ですけど・・・」と思いながら、ギリギリに提出した事を悔やむメールとなりました。

オリジナルを使いたいのに、研修があると無理だから、その前にと思って作ったものなので、「完璧」と言われると、その方の求められているレベルを確認することが出来ず、今日、研修の合間に、他の資料を使わせて下さいと頭を下げる事になる。プロとして情けない・・・。いや、プロになりきれてなかったのか・・・。

悔しさだけが残ります。
間の企業様にとってみては、「お粗末な」と思っていらっしゃるのが伝わってきます。
結構時間かかっているんだけどなあ。と思いつつ、反省ばかりです。

資料作りはいつも悩む所。苦手意識もあり、ギリギリになった私の責任。
納期は守っても、やはり早め早めに行動することの重要さを思い知りました。お恥ずかしい・・・・。

身を持って体験した事ですので、恥ずかしい体験ではありますが、自分への戒めも含め、記載しました。
結構凹んでいますが、切り替えて、今日の研修に集中しましょう。

あなたもお気をつけくださいね。って、他の人は大丈夫かな。(苦笑)

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コミュニケーション, マネジメント
-, ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.