ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

責任を持つという事の意味

   

経団連所属の企業を中心に行われたアンケートで、学生に求めるものの第1位に「主体性」があげられたことが今朝(2011年2月7日)の朝日.comのニュースで発表された。主体性って何なんだろう?

確かに「主体性」という言葉が聞くけれど、実際にボランティアで行っている活動の中で義務教育下の生徒達の授業を見せてもらうこともありますが、生徒達に考えさせる授業をされることも増えており、大学で行われている講義形式とは明らかに違います。最近では白熱授業として大学の授業も変化を見せている様子。
創造性がないわけではないと考えられます。けれども、創造性にも乏しいといわれてしまう現実。主体性も常に持たされているように感じた義務教育下の授業。

だとしたらいったい何が起こっているのでしょうか。
なぜ、社会にでると主体性を持たなくなってしまうのでしょうか。

その一つに責任というものに対する考えが薄いように感じます。ある意味柔軟性があるのです。
ある主張をしても、周囲の発言を聞いて、こだわることなく自分の意見を変えます。ためらいがなく主張するのだけれど、責任が薄いのかも。そんな受け取り方はできるのかもしれません。

情報氾濫の世界で、柔軟性を身につけた若者が、主体性がないといわれてしまうのは、主張する事への責任をもてるかどうかにもあるのかもしれません。ずれているかもしれません。けれども、生徒達を見ていて、主体性がないわけではないと思います。
企業が求める主体性とはいったい何なのか。そこには「自分の責任」として受け取れるかどうかという部分が大きく影響している気がしました。

しかし、これは学生に限ったことではなく、私達もまたわが身を振り返る必要のあることなのではないでしょうか。

 お問い合わせはこちら

 - 人材育成 ,