ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

なんだかんだ言っても自分で選択しているんだよね

   

先日の事です。その時出会った人に言われました。なぜその事をしたのかってきっかけを聴かれて話していた時に「こう言われたからやってみたって多いですね」と感想を伝えてもらいました。その事で改めて自分を見てみました。

考えてみると、私は非常に人に影響を受けやすいタイプです。こういうような感想を伝えられる事でこうして考えてみたわけですしね(笑)

けれども、今まで思い起こしてみると、本当に「こうしてみたら」「里江ちゃんならできるんじゃない」「こういうのが合ってると思う」と色々言われるたびに、そうなんだと思ってやってみています。やってみて違うなって事はやめてしまうこともあれば、アレンジして続けることもあります。けれども、思い返せる範囲内で言うと全てやってみています。

これは人に言われたからやっているという表現は私の中の逃げるための表現なのかもしれません。弱い私が「自分の意思ではなくてね・・」と言いたいのかもしれません。とほほ・・・。

けれども、自分の行動としては「私の知らない私をこの人が見つけてくれたのかも」って勝手に良いように判断しているからなんです。言ってもらえることが良いことであれ悪い事であれ有難いと思うんです。だから、まずはやってみる。やらずに自分の見えてないかもしれない可能性を否定する必要もないのかなって思っているので、言われた言葉を信じてみるというのが私の「決めていること」なんです。

その上で、ただ信じるだけでなく、やってみて「本当にそうなのか」と疑ってみるのは自分の中でいいのかなって。人を疑うよりも、自分を疑うほうが自身の知らない自分との対話の時間を増えるんじゃないかと考えて、決めているんですよね。

結局は「言われたからする」という受け身ではなく、「言ってもらえたことを信じてみると決めている」という私にとってはとても積極的な行為なのです。
結果として、私の可能性は格段に広がりました。きっとまだ広がる可能性だってあるかもしれません。

陰口は治すきっかけも与えてもらえないから淋しいけれど、面と向かって「こうだよ」と言ってもらえることは私にとっては非常に喜ばしいことなのです。
たまには、「え~、ショック。誤解ですよ。」といいたくなる場面だってあります。けれども、そう見られているのであれば、きっと私のどこかがそう感じさせたのですものね。

なんだかんだ言われても、なんだかんだ言ってみても、結局は私自身が選択しているということです。その中で私の中の何かが確立したり、変化したり、そんな自分の変化を楽しめる人生って私は好きなんだなあ。

あなたは、どんな事を日々選択しているのでしょうか。

あなたがしていることは、やってもいいし、やらなくてもいいんです。
でも、あなたがやっているとしたら、あなたが選択しているんだよね。
自分が求めている選択なのか、無理しているのか、もう一度観察してみませんか。

【参考】イチロー選手×糸井重里さんの対談より、二人が共感していた考え方
常に100%を目指していると、結局100%に近づくために120%とか頑張ろうとしちゃうよね。
それもいいんだけどさ、日々85%でいいじゃん。たまに結果として100%のときがあるくらいで考えてたほうが、日々ゆとりをもてるし、結果的に続けようと思えるんじゃないかな。(私としては、無理しすぎないって事に聴こえました)
大きな目標ってさ、日々の積み重ねの先にあるものだと思うんだよね。だから、ストイックに自分を追い詰めてやるのもすごいけれど、続けたいと思って続けられる方が素敵じゃないですか。だから、日々100%じゃなくていいんです。まあ、僕はそういう生き方を選びますね

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング , ,