ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

逃げても逃げても・・

   

向き合わないといけないことから逃げている子が居ます。
けれど、逃げれば逃げるほど、自分の選択肢はなくなっていく事に気づいていながら、そのことからも目を背ける。

逃げても逃げても、いつかは向き合わなければならない瞬間が来るとしたら、早いほうがいいのにって思うのは、大人だけなのでしょうか。

けれども、どこまで話をして、どこまで本人の意思に任せるのか。
子供と向き合う大人もまた、逃げてはいけないのかもしれないなと思ってしまいました。

「子供の意思に任せよう」が、逃げ、なのか、それとも向き合う覚悟なのか。
子供が逃げているように見えている時に、大人はどう向き合うのだろうか。

きっと答えが一つじゃないからこそ、目の前のその子と向き合うしかないのでしょうね。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション