ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

いつもと違うことに気付く

   

昨日(2010年9月14日)は、これはあり得ない偶然だと感じたことがありました。そして、今朝もまた気付いた事で変えられたということもありました。日常の中にヒントはあるのに、結構気付かずに過ぎてしまうものなのだろうなと改めて感じました。いったい何があったのでしょうか。

昨日は、午前の予定を終えたらあとは仕事がありませんでした。宿泊先に戻り、今日の準備をしておりました。そんな事をしている間に、あっという間に時間が過ぎ、お昼ご飯の時間は15時を過ぎていたと思います。ですから軽めに食事をしようと、宿泊先を後にしました。

すると宿泊先をすぐのところに、トヨタレンタカーさんの店舗があるのですが、その店舗から携帯電話がなったのか電話で通話しながら男性が出て来ました。1メートルも離れてない距離を通過するわけですから、男性は電話の内容に集中できるようなのか、マナーとしてなのか私に背を向けて、電話を続けていました。

しかし、店舗からでてきた瞬間に、高校の頃同じクラスだった友達に似ているなと思いました。けれども、何年も会ってないので、確信はありません。ましてやすぐ背中を向けてしまったので、確認もできません。けれども似ています。

電話をしている相手を待つのも変だし、結局は声もかけずに通過しました。でも、気になって、食事は購入して宿泊先に戻ることにしました。また電話が終わっていてあえるかもしれないと思ったからです。結局、急いでみたものの既にその方はいらっしゃいませんでした。しかし、どうしても気になって、「似ている人を宇都宮駅近くのトヨタレンタカーさんの前で見たよ」とメールをしたら、本人でした。

ビックリしました。その人も移動の途中だから急いでいたようですが、お互いにほんの一瞬のずれがあったら、出会うことすらなかったでしょう。ほんの一瞬で、岐阜の友達と、宇都宮駅の前で、ばったち出くわすなんて。しかも、少し風貌が変わっていた彼に気付けたなんて。話せていたらもっとすごいだろうけれど、これだけでもビックリでした。

違う話になりますが、今朝は今ブログを書いているノートパソコンがどうも画面がいつもよりも暗く感じました。部屋のあかりなのか?そう思いながらもう少しキョロキョロしていると、電源が抜けていて、省電力モードで画面が暗くなっていたことが分かり、慌ててコンセントを差し込みました。

昨日も今日も、ちょっとした事に気付けたことで、メールでやりとりして、すごい偶然にお互いびっくりし合えました。今朝は、ちょっとした事に気付けたことで対応することができました。

ちょっとしたことに気付こうとしているというよりは、日常との違和感を感じられれば、それが何なんだろうと疑問をもてます。その疑問を解消しようとする脳の働きが全開になり、無意識が意識に変わるんですよね。

意識に変わったことで、見つけることができました。そして対応をすることができました。

違和感を感じるためには、今だけが大切なのではなく、昨日までの過去と自然と比べているのだと分かると、人は過去を積み上げて今があると思っているのだなと感じました。本当は「過去を気にせず、今からを大切に」なんて言うこともありますが、過去もしっかり自分の蓄積になっているからこそ、今の変化に気づく事のできる大切なものなのですね。

それが改めて感じられたことは、日々の観察を大切にしなくてはという思いを一段と強くしてくれました。日々の変化に目を向けられることで、過去全部も認めてあげられているのかもという大きな気分にもなりました。発想力の豊かな私だからこそ感じる思いなのかもしれません。

けれども、やはり日々何気なく過ごしてしまうことも大切な時間として、意識できることを増やしてみたいなと思いました。

あなたは、今日いつもと違う自分が居るとしたら、どんな違いを感じますか。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング , ,