ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

自分が一番自分に囚われている

      2017/02/13

「母親としてこうあるべき」「リーダーとしてこうしなくちゃ」などなど、知らない内に自分の理想が出来上がり、そのギャップに苦しむことがありました。
いいえ、正直今でもそうなることがあります。

誰かに何かを言われたとしても、「どうでもいい」位で気にしてない事には、動じる事もありません。
けれども、自分で「こうなんだよなあ」「ここは良くないよなあ」「やってしまった」などとギャップに悩んでいたり、落ち込んでいる時に、その点を指摘されるような事を言われると、過剰に反応してしまいます。

結局は、周りに振り回されているようにみえるけれど、自分に振り回されているんですよね。

コーチングを受けた頃、「どうしたいの?」と言われるのが苦痛で苦痛でしょうがなかったです。
起こったことに対し、真剣に向き合っているだけなのに、「どうしたいのか」を考えなくちゃならないのだろうか?と。
「どうしたい?」が明確な人だけが正しいような言われ方をするのが、苦痛で、縛られているようで、今が楽しいのに、何でそんな事を考えなくてはならないのか?と思ったことがありました。

けれども、考えなくても私にはあったんです。
小さい頃からずっと先生になりたかったし、周りの人たちが笑っている中に居たいから、鬱いでいる人が居ると気になって近くに居ました。
私の中には、どうしたい?があったんです。

けど、知る必要もなく、心のままにそれを実践してきたんだと思います。
それは良い時には良いのですが、たまに苦しくて、急に泣きたくなる時がありました。

それが、自分の理想と、現実の自分とのギャップが明確になってしまった時なんだと思います。

良い母親で居たい。
より多くの人達に元気になってほしい。

簡単なようで、身体が一つしかない私が両方を実現するには限界があります。
けれども、どちらも私の理想なのです。
欲張りだから、どちらも実現したいのに、実現するには程遠い・・・。
やれるだけの事はやってみるけれど、自分の理想とは違うから、どうしたらいいか解らなくて涙が出て来る・・・。悔しい。悲しい。どういった思いなのかも解らないのに、涙が出て来る。

そんな時を経て、感じるのは、そもそも理想が急過ぎるんです。
間がない・・・。
そこにたどり着くまでの「プロセス」が全くないのです。

経営のメンターに、「5年計画を立てなさい。5年後の目標は◯◯」と言われたのに、ずっと1年目から実現させようとして、悩んでいました。
計画を見ながら、ふと「あっ、自分で自分を苦しめているだけだ・・・。」と気づきました。

理想を持つことが悪い事でもないし、別に理想が見えて無くても、今までの歩みを見直してみると大切にしてきたものが見えることもあります。
けれども、私は自分の中にある「どうしたい?」に気づいてしまったから、どちらも直ぐに手に入れたくなってしまったんですよね。段階も経ないで・・・。

理想はいつか近づきたいために持っていようと思います。
けれども、直ぐには無理な状況や環境もあります。
だったら、今、私はどの段階まで進もうとするのか。そのために何をするのか、何を準備するのか。

少し「プロセス」を大切にしながら、自分に縛られている自分に、「ゆとり」や「遊び」をもたせようと思います。
理想とのギャップに打ちのめされた経験ってあります。

「このチームで◯◯をなし遂げる」なんて。でも、そのために周りを振り回してしまった事もあります。私の理想の実現を手伝って!とも言わず・・・。
本当は、「手伝って!」ってチームを作る段階があるし、もっと前のメンバーを募る時に賛同してくれるのかもあるのかもしれないのに・・・。
いきなりチームと自分が勝手に呼び、上手く行かない事にイライラし、勝手に打ちのめされ、メンバーにダメ出しをし・・・、メンバーが減った・・・。

理想が悪者ではないけれど、もっとそれまでの間を大切にしなければ、急激なギャップだけが見えてしまって、勝手に落ち込むだけになります。

欲張りだから、どっちも実現したいんです。
だからこそ、今の環境や状況に合わせたプロセスを考えてみることも大切なんだろうなあと、一歩、そしてもう一歩と、歩んでいる所です。
決して、ダッシュできるタイプではないので、ゆっくりゆっくり進んで、理想を私なりに実現していきたいと思います。そして、時にはその理想も見直してみたいと思います。
だって、自分が作った理想なんだから、変えることだって自由なはずなんですから。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, リーダーシップ, 組織の活性化 , , , ,