ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング 人材育成

原石は磨かないと光らない

投稿日:2016年8月19日 更新日:

先日、元スポーツ選手の話を伺う機会がありました。
その方は、「天才」と言われながらも、世界で活躍することなく選手生命を終えられました。その方の話がすごく印象的でした。

「私は天才と言われるほどスキルも身体能力もありました。
 自分で言うのもおかしいですが、監督やコーチがいつも見本として見せる位でした。

 でもそれは高校まで。

 私は、練習をさぼるのが得意でした。
 コーチや監督も、私は資質があるからまあサボっても、当日頑張ってくれたらいい、と見逃してくれていました。

 他の人達は、とにかく必死に練習をしました。
 才能のない人たちは大変だなあって思っていた自分がいました。

 でも、いざ大学にスポーツ推薦で行ったら、テクニックはあるけれど体力がついていかない。
 疲れるとサボってしまうから、試合に出る回数も徐々に減ってきました。
 そうなると、才能のないはずの人達を優遇するのが許せなくて、指導者に反抗しました。
 正直、ずっと自分の才能を過信しすぎていたんです。

 結局、社会人になるときに、私をほしいという企業は一つもありませんでした。

 その時に、頑張ってきた人たちに言われました。

 私はあなたみたいに天才じゃないから、頑張りました。
 だから、才能はないけれど、そのほかでカバーできるものを見つけることができました。
 あなたは天才なのに、自分の技術を磨いてこなかった。
 私にあなたの才能があったら、もっと成功していたと思います。

 そういわれた時に、やっと解ったんです。自分の愚かさに。
 それから必死になってみても良いのに、そこでも私は逃げました。
 だから、今、私はこんな風になってしまっています。

 でも、この世界で私は天才ではない。
 だから、今、私は必死になっている。もっと早くに気づけていたらと悔やむことはある。
 でも、負け犬にはなりたくない。
 それは私の意地ですね。」

そんな過去があった人だったなんて。
素敵なリーダーなので、お話しを伺ったらそんな話をしてくれました。

私は素人考えなのかもしれませんが、全員に原石はあるものだと信じています。
だからこそ、その原石を磨きたいのですが、そもそも自分の原石が何か、気づくことさえ難しい。だったら何でもやってみた方が、原石は見つかりやすいのかなと。
その原石が見つかったら、磨けばいいんですものね。

原石を磨く期限があるのなら、とにかく磨いてみるしかない。

思うのですが、私は、今、自分の原石はちゃんとは見えてないです。でも、自分が信じた原石は磨いて、前よりは磨けていると思います。見つかってなければ、信じて磨くしかない。
今、信じている原石は、自分で見つけたものでもありますが、周りの人から見つけてもらったものでもあります。
周りに感謝しながら、輝くまで磨いてみたいと思います。

あなたの原石は何ですか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング, 人材育成
-, ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.