ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

組織の活性化

チームだからできる発想

投稿日:

昨日(2010年6月4日)は、同友会の勉強会でした。会員の会社を訪問し、その会社の場を借りてその会社ともう一社の2つの企業様について、SWOT分析を元に経営改善をしていこうと話し合う場でした。昨日は私も発表者でした。そこで感じたことは、チームだからこそ出来る発想もあるなという事でした。

先月もその事は感じていましたが、実際に自分が体験し感じたことでした。しかし、そこには前提があるように感じました。
1.発言者がありのままを話すこと。
  参加者も真剣に考えてくれるかどうかは既にこの時に伝わると感じました。
2.違う視点を持った人の集まりだからこそ、全く違った観点からの質問や発想が提案されること。
  分からないからこそ、その人が一人で考えている視点以外の視点を提供できるんだなと感じました。
3.同じような悩みを持っている人がいるというだけでも安心できること。
  一緒に解決しようという思いが生まれたり、一緒であることで今悩んでいてもいいんだなという安心感に繋がるんだなということを体験しました。

そんな事は分かっていると思う人もいるでしょう。しかし、頭で分かっていることと感じる体験は全く違います。
私は昨日の中で、「自分の価値をどう値段に反映させるのか」をいつも迷うという事を投げかけました。
すると、「それっていつも自問自答していることで、謙虚さが生まれたり、もっと良いものを提供したいと思ったりするんだろうから、僕もずっと自問自答しているし、いいんじゃないかなあ。一生問い続けるテーマなんじゃないかな」とその方の考え方を聴いて、今までの悩みが急に晴れていく気がしました。

そしてもう一つ。自分の理念について問われて、頭で考えてまとめてしっくりしていた言葉だったけれど、改めてその場で口にしたことで、自分の強い信念と使命に変わった気がしました。一人では出来なかったことです。
その場は会員各位ではなく、私にとっては「チーム」でした。そこに集まった人たちが何かのために一丸となっている。だからこそ、自分にこれだけのインパクトと気付きを与えてくれたんだと思います。

昨日の場をただの「いい話し合いだった」という感想で終わらせないように、形にしていきます。それが一緒に考えてくれた人への感謝の表し方かな。

今、多くのチームと関わっています。その人たちが既に感じているものかもしれませんし、これから味わうものかもしれません。けれど、一人では出来なくてもチームだからこそできることがまだまだあるんだという事を確信しながら、関わりを更に深めていきたいと思いました。

チームだからできる発想。
ただ、発想だけで終わったらいつか発想することもつまらなくなる。その後の行動が大切なんでしょうね。
まず動く。そしてチームに伝える。そんな事を繰り返していけたら、元気なチームになるだろうなあ。
体験を通して、また組織の活性化は楽しいなと実感している私でした。

あなたは一人で抱え込んでいませんか。
手伝ってくれる仲間は誰ですか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-組織の活性化
-, , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.