ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

コーチのする質問

投稿日:2018年2月7日 更新日:

昨日は、メンターとのコーチングで色々と「聴き方」や「質問」について、話をしました。
色んな話のする中で、改めて大切にしなければいけない関わり方について、考えさせられました。

当たり前ですけれど、隣の人と私の体験は違います。
だからこそ、使っている言葉も違う。その言葉に込められた意味も違う。

「スッキリしたい」という言葉だって、どういう意味で使っているのかは違う。
なのに、私の体験に当てはめて「そうだよね」と流れてしまうんですよね。

けれども、その言葉について話してもらうだけでも、考え方や関わり方が見えてくることってあるのではないか。という事です。

じゃあ、闇雲に言葉を明確にすれば良いわけでも、追求すれば良いわけでもなくて、その時間の中で何がしたいのかは、相手が選ぶことなので、勝手に突っ走るわけではない。
ただ、「探究」するのではなく「探索」する感じ・・・というメンターの言葉が腑に落ちました。
一旦、拡大されるようなアプローチをする質問が、考え方や意義、その人の思い込みに対して扱うことなのだかなと思いました。

まだまだ未熟なことばかりです。
けれども、相手との関わりの中で、どういうスタンスで関わり、言葉の意味に集中して聴こうという事は戦略であり、誘導ではない。
少しでも、相手が自分で考えられるよう、思い込みに気付けるのかもしれないので、言葉の探索を一緒にできる質問をしてみたいと思いました。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング
-, ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.