ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

バランスって何?

投稿日:2015年11月25日 更新日:

私はお家でも仕事をするので、一段とこの「バランス」って言うものが何か解らなくなってきています。
「仕事」と「家庭」のバランス
「休養」と「仕事」のバランス
良く使ってきたけれど、その全てが私の一日で、要はタイムマネジメントの事?それとも優先順位の事?

お家で仕事をするから解らなくなったのではなく、単にこう並べてみても、私が仕事が好きなのでしょうね。
でも、他を無視できるものではなく、いかに仕事に集中する時間を作るのか、だけのような気がしました。

そもそもバランスととって、どうしたいんだろうか。
こちらの方が重要な気がしてしまいます。

御意見番としても、凄い後ろ盾としても信頼していた父と元勤務先の社長。
おふたりともこの世にはもう居ないのですが、ずっと心の中で、私に問いかけてくる気がします。
「で、どうしたいの?」
「これから何がしていきたいの?」
「今の事に必死になりながら、先を考えればいいじゃない。何が不満なの?」

その瞬間、ハッとしました。
私が「バランス」が気になる時には、体調が悪かったり、家族に何かがあったり、心に衝撃を受けて、
「今直ぐに何かを変えなければ」と思う時ばかりなのです。

多分、自分だけでなく、周りも変化するのだから、その中で、「このまま」という状態はない。
だから、新しい何かを考える時期なのでしょう。

でも、「今直ぐに変えたい」と本気だったら、「バランス」なんて言ってないで、多分変わっているはず。
要は、私は「変えなくちゃならないと思ってはいるけど、変えたくない」という時に「バランス」って言っているんだなと思いました。

多くの企業様で、「仕事」と「家庭」の両立に悩む人がいらっしゃいます。
どちらも取ろうと思うと、どこかで歪みが生まれる。その時に、一人だけで何とかしようとすると、私のように本心では、変えたくないのに、変えなくちゃならない事が起こってくる。
どちらも大切にしたいんですよね。
でも、変えるとまたバランスのちょうどよい所を探るのが大変なんですよね。

悩む人達のそんな心の奥底の気持ちも汲んでいただきながら、一緒にその時その時の人生の歩み方を考えていけたらいいのになと、私は考えてしまいます。

相談にのる方も、ただ解決策が欲しいだけじゃないんです。
大変なのも受け止めてもらい、本当は仕事もバリバリ頑張りたい思いもあることも理解してもらった上で、その人のその時の環境も含めた綱渡りのバランスが取れるように支えていただけたらなと思います。

おもりを持って綱を渡る。
重りがあるから、本当は安定することもあるんですよね。けど、重りがどちらかに偏れば、それに応じた綱のわたり方があると思うんです。
結局、綱わたりの先が目的や目標だとしたら、両立というものは、自分を支えてくれている大切な重りなのじゃないのかなあと最近良く思います。そして、綱を渡るには、その時の一歩をどんなバランスで進むのか、一歩ずつ違ったりしますよね。

私には、両立というのは、本当は性別関係なくあるものではないかと思います。
男性はその「家庭と仕事のバランス」を安定させるものとして受け止め、女性は不安定な材料としてみる。
女性が社会に出て、まだモデルも少ない中ですから、イメージがなくて、綱の上でふらふらしている状態なのです。上手に重りが使えない状態なのです。
そんな人達に、どう手を差し伸べるのが、良いのでしょうか。
私達は、どのように「ヘルプ」と言えば良いのでしょうか。

そんなとりとめもない事を考えながら、バランスが取れてない自分を責めるのをやめては、また責め、また止める。
繰り返しながら、綱渡りも上達していくのかな。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.