ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

働く姿を見せられますか

投稿日:

ここ数日、しっかり休みを取りました。
その間、娘と居たのですが、「世界で働くお父さん」という番組を見て、娘が「お母さん~」とくっついてきます。後から理由を聞くと、待っている間の淋しさがわかること。お母さんが自慢なんだということ。そんな事を話してくれました。

でも、正直、小さいころには職場に連れて行っていたのですが、今は「話の内容が解るようになったらね」という事で、まだ見せていません。
見せたくないわけでもなく、見てどんな事を感じてくれるのかを反対に聞いてみたい、とさえ思います。

いつ見られても恥ずかしくない、その時の精一杯で働いているつもりなので、いつ見られても平気です。家族にも平気で見せられると思います。

そう思っていると、ふと思い出した事がありました。
数人の経営者が、奥様には見せたくない、と仰るのです。

日頃の自分と違うから。
格好つけていると言われそうだから。
話している様子を見せたことがないから。

様々な事を仰っていましたが、照れくささや、プライドなどがあるのかなとも感じましたが、その点は私には推し量る事しかできません。

そんな中、今月に奥様の前で話をされる経営者がいらっしゃいます。
「やはり、協力者なんだから、聞いてもらう事は大切なんだと思う」と。

その言葉にジーンときました。
「協力者」

表立って支えてくれているわけではなくても、その存在の大きさを感じ、形にして見せようとされているのかなと思うと、姿を見せるかどうか以上の「感謝」という思いが伝わってきました。

奥様に社員の前で話す様子を見せるかどうか悩まれていましたが、「その様子を見せる事で日頃の仕事に対する思いや、社員との関係も見えてくると思う。だからこそ、ありのままを見せる気恥ずかしさはあるが、見せていきたい!」そう仰る言葉には、強さを感じました。

働く姿を見せることに躊躇するのは人それぞれ理由があるのでしょうが、何が躊躇させるのでしょうか。
その姿を見せられるのは、何を伝えたいのでしょうか。

ふとそんな事を娘との会話や、娘の反応などから、波及して考えてしまいました。
あなたは、自分の働く姿を身内に見せられますか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング
-, ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.