ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

すぐにやってみる

投稿日:

これはあくまでも私の考えであって根拠は全くないけれど、私は「いいな」と思って人に迷惑がかからないことならば始めてみることにしています。その事で多くの体験ができました。

「里江ちゃんなら○○できるんじゃない?」と言われ、自分には無理だなと思っていても、「人からみて出来そうに思えるんだったら出来るのかも・・・」と自分の判断でやってみることにしています。
自分で誰かがしていることで、「それいいな」って思えたことも、お金がかからないとか人に迷惑がかからないことであれば、まずは始めてみることにしています。

そうすると、結構目的もなく、イメージだけがあるのですが、形になり始めて、やっと意味づけのできるものもあれば、マネをしてみたけれど、どうも自分には違うと思うものもあります。アレンジしてみることもあれば、やめてしまうものもあります。
続けてみるというのも一つの方法だけれど、無理をしているなと思うものは止めることもあります。
直観で動いてしまうことがいけないと思っていた時期もありましたが、そのことによって、より選択の幅が狭まってしまう気がして、やってみることにしました。すると思っていた以上に選択の幅が広がったと感じています。また、自分が出来る事も増えていったのも事実です。

自分を定義づけてしまうことで機会を失うならば、人が見てくれている自分を信じて、自分の意思でやってみようと思えたことを直観であってもやってみる。それが「違う」と思ったり「あわない」と思えば、止めたり変化させたりすることも自由なんですものね。
「悩む位なら、やってみろ!」と小さい頃、父に怒られたことを思い出します。今はそれが今の私の基本になっているのだと思えるようになりました。

正直、こうした「とにかく前に踏み出してみる」という事が多くの失敗体験にも繋がっているのも確かです。お金も沢山使ってしまったこともあります。けれども、それも私の大切な学びだったんだろうと考えています。
役割をもらってから、その役割について勉強したり、それまでに沢山の人に迷惑をかけたかもしれないのに、急に変わろうとして、気持ち悪がられたり。起業なんて考えてもなかった私が、父の病気をきっかけに起業をすると決めてから、師匠を探し、お会いしてみたり。とにかく進んでみては、出てきた障害をクリアするために何かを得ようとしてきました。人よりきっと遠回りです。
それでも、私にはその挫折があるから、こういう事を考えてないとこうなるという事が実を持ってわかっている。失敗から始まっているんだから、怖いものは何一つない。強いて言えば、人に貢献したいはずの私が人に迷惑をかけてしまうことがすごく辛い。でも、どこかでは誰かに迷惑をかけているものなんだと最近は思うようになりました。

本当にやってみて気付かされる事も多い。そうだったからこそ、計画の大切さもビジョンや目的の大切さも感じられるようになりました。
だからと言って、進みながら考えていく自分も今は好きです。自分の感じたままを見えるものにしていくことをこれからも続けて行くでしょう。
その中で、ビジョンが描けたことはとことん続けてみようと考えています。考えて実践し、また失敗したら、糧にすればいい。それだけのこと。

今、やりたいことで賛同を得られてないことがあります。でも、やりたいんだから、やれる方法を探してみる。それだけのこと。自分には計画をしっかり立てて進むことと、直観で走ることの両方が大切な気がしています。それが、どんな時にどっちなのかを間違っていることもあるかもしれません。
けれども、それもやってみなくちゃ解らない。最初から、正しい道を進みたいとは思うけれど、どれが正しいかなんて、自分が決めることだから、やってみなくちゃわからないものね。だったら、一歩踏み出しちゃってから考えたっていいよね。
そんな事を感じながら、やりたいことに向かって、動きたいから動いている私です。

人はそれぞれ違うので、「そうだね」という人も居れば「そうかなあ?」って思う人も居るんだと思う。それでいいと思っています。でも、口にしてみることもその一つなんだろうなとブログを続けていて感じているので、あえて書いてみました。
何かの考えるきっかけになれば・・・。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング
-, , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.