ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

マネジメント リーダーシップ 人材育成

心を強くする練習

投稿日:2017年12月27日 更新日:

心を強くするには、「練習」かあ。

相田みつをさんの「受身」って作品をご存知でしょうか。
その中に「受身とはころぶ練習、負ける練習、人の前で恥を晒す練習」って節がありました。

転んだ数だけ強くなる。
強くなるには、練習が必要。
たくさん失敗してみること、転んでみること。
挑戦して転んでも、また立てばいい。

生まれて立ち上がるまでもそうだったし、自転車に乗る時だってそうでした。
なのに、ころぶ練習をする場や機会を減らしてしまったのは、私達自身なのかも。

そして、部下や子供にも、ころぶ前に手を差し出してしまい、口を出してしまい、練習を妨げてしまっているんですよね。
そうして、私達は、上司や親として、恥を晒す練習を避けてきました。

子供のお陰で、たくさんの練習を積ませてもらっています。
そのことに感謝するほど、私は人間の器が大きくなくて、時に悩みもしますし、落ち込みもしますが、それも私にとって転ぶ練習でもあると思って、「感謝」できるようになっていきたいものです。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-マネジメント, リーダーシップ, 人材育成
-, , , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.