ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

相手の立場には立てない

投稿日:

昨日は、我が家にとって、非常に大きな変化があった日でした。
その時に改めて思いました。
相手の立場に立って考えよう、といいますが、経験したことのない立場に立つのは、本当に想像だけで、相手の立場に本当に立てるわけではないんだなあと思いました。

誰にでもある事で言うと、リーダーになればなるほど、頭脳労働も増えてきます。
前職の製造業の時などは1段とそうでしたが、製造の人達にとってみたら、「上はいつも暇そう」「事務はいいよね、気楽で」と言われていました。が、その立場に立ってみないと解らない事がたくさんあって、大変だなとその時初めて心から思えます。

それまでは、「想像」でしかないのです。

「安易に、その人にしかない体験を『わかるよ』なんて言わないでほしい。」と、色んな場面で伝えてきたのですが、改めて、理解しようとする事はできても、解らないものだなと思いました。
また、今私が、転換期に感じた事を、他のみんなも同じように体験するわけではないです。
やはり、一人一人違うのに、解ったフリをすることはしたくないなと思いました。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.