ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コミュニケーション リーダーシップ 組織の活性化

売り言葉に買い言葉

更新日:

お恥ずかしながら、娘と大ゲンカしちゃいました。

動機は些細なことです。
遅刻しそうだけど、いつも頑張っている娘。目覚ましが鳴っても起きてこないから、声をかけて起こしてあげました。それでも返事をしたまま起きてこないので、放っておいたら、「何で起こしてくれないの?」と優しい口調で。

「そう?起こしたよ。寝ぼけて返事してただけなのね。(笑)」と、一段落。

その後、更に寝ぼけているのか、動作も遅く、待ち合わせに明らかに間に合わないから、「他人に迷惑をかけることをしないでね」と我が家のルールがあるので、「早く連絡しないと迷惑かけちゃうよ。」と早口で伝えると、「解ってるよ!うるさいなあ」と、朝の大切な時間を邪魔されたとばかりに、汚い口調で怒鳴っていました。
思わず、「あっ、そう。じゃ、ご勝手に。」となるわけで・・・。

にもかかわらず、少し経ったら「お母さん、送ってってくれない?」と、今度は甘える口調で。
私は引きずってしまっていたのか、「学校のルールで決まっているでしょ。送れないよ。走って行きなさい。」と冷たく返してしまいました。
「もういいよ。走って行くから!」と言い捨てるように、玄関のドアをバタンと大きな音を立てて、出かけて行きました。

急に嵐の後の静けさがやってきた空間で、少し一連の事を思い出して、「私も大人気なかったなあ。」と思いながらも、本当にどういう言葉をかけるのかによって、反応ってコロコロと変わるものだなあと思いました。

出かける時には、喧嘩をしていたとしても、必ず挨拶をして出かける。という決め事があります。
けど、言えなくさせた自分が居ました。もう少し同じことを伝えるにしても、言い方はあっただろうなあ。今日から出張だから、もしも旅先で何かがあったら、今朝の娘との会話が最後になるのかもしれないのかあ。そんな事を思って、反省しました。

子供に、掛ける言葉に気をつけようねと言う前に、私自身がもう少し大人にならないとなと思った出来事でした。
反省・・・・。

あなたも、自分の言葉のかけかたで、相手の反応を引き起こしてしまっていませんか。
あまりにも周りの人がキツいなと思う時などには、自分の声のかけ方を一度振り返ってみませんか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コミュニケーション, リーダーシップ, 組織の活性化
-, , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.