ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

「誰が」ではないのに・・・

投稿日:2016年1月11日 更新日:

「私が悪いと言いたいのですか!!」と、感情的に仰った方がいらっしゃいました。
「誰が」ではないし、「◯◯がもう少しこうだともっと良くなるかもね。」という話しの後だったので、なぜ「誰」になってしまったのか、皆目検討もつかず、ただ周りは沈黙したのでした。

あまりの沈黙に耐え切れなくて、「誰がって事には聞こえなかったのですが、そう聞こえたのですか。」と確認すると、抑えきれない感情を抑えるためなのか、黙りこんでしまいました。

結局、全員が沈黙になったので、少し様子を見守っていると、改善点を考えてくれた人がもう一度同じことを言いました。
「次は、◯◯の部分がもう少し、こうなるともっと良くなるよね。今回はこれが精一杯だったんだけどね。次の課題を発見して、みんなで取り組もうね」と、言葉を添えて言いました。

すると、先ほど感情的になった人は席を外してしまいました。
再度の沈黙・・・。

言ってくれた人が「私の言い方が悪いの?私のせい?」と・・・。
すると、他の人がすぐに口を開きました。
「いいえ。良いと思います。あいつの受け止め方が悪いので、あいつのせいですよ。」

このチームの体質なのでしょうか。また「誰が悪いか」になっている。

「すみません。さっきから、誰のせいってところで落ち着くようですが、言い方や、受け止め方なんですよね?人じゃないんですよね?それって皆さんの癖なんですか?」
と伺いました。

どうも企業体質として、癖になっているという事でした。
でも、そうなると、何だか「ミスをしないために」「自分のせいにならないように」など、ネガティブな思考が先行しそうな気がして、私には違和感がありました。

単なる価値観の違いなのかもしれませんし、今までその企業様が存続し続けていらっしゃるのだから、これも良い事なのか、それとも他に良い点があるのかは、その一瞬では解りませんでしたが、何となく、出て行ってしまった方は、どう戻っていらっしゃるのか、お節介な私は心配をしてしまうのでした。

ただ、たまたま出くわしただけの企業の一瞬なだけなので、口を出すことではないのですが、自分だったら気になってしまうだろうなあと・・・。
何となく、上司にもお会いしてみたくなったので、今度、お会いする機会があったら、近くに行ってみようっと!

「誰」じゃない部分にスポットをあてて、責められている感の人達がすくなるなるといいのになあ。

あなたはどう思いますか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.