イレギュラーに対応できる時間を持つ

お恥ずかしながら、予定を埋めたくなる私は、仕事が少ない日もプラベートの予定を入れてみたりして自己満足。
けれども、イレギュラーを入れる時間位はあるよ、と軽く考えていました。

が、イレギュラーに時間がかかる場合もあり、思うようには進まない事例が発生し、初めて「予定入れすぎカモ」と言う事に気づきました。

気づいて少しゆとりを持った時間を時間の取り方にしたら、意外にイレギュラーが多い事が分かり、今までは入れられないから見なかった事にしていたのではないか、という事に更に気づいてしまいました。

自分が思って居るよりもイレギュラーの時間を持てていなかった。だからこそ、「忙しそうで相談しづらい」と言われる事もあったのだなあと解りました。

イレギュラーに対応できるゆとりをどのくらい持つのか、まで考える必要があったのです。
ゆとり時間が多すぎたら、自然と何かを探してしまうのは、その時突発でも良いかなと思うと、気が楽になり、イレギュラーにも心地よく対応できるようになりました。

心地よい時間は仕事や入れた予定通りに動ける事だけではなく、私にとってイレギュラーにも心地よく対応できる時間も実は良いものだったのだと気づきました。

自分にとってここり良い時間を増やしていきたいと思います。
そのためにもイレギュラーに対応できるゆとりを私にとっては長めにとっておきたいと思います。思いつきの行動を一つ二つ入れられる程度に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました