気持ちが与える影響は大きい。

12月に入ると、本当にバタバタするように感じるのはなぜなのでしょうか。
実際に仕事量が違うかと言うとそうでもないのに。

考えてみると、「年末をきれいに終わり、すがすがしく次の年を迎えたい」と思う気持ちからなのか、ムラなくやっていたつもりでも、ひと手間かけてみる。余分なものを捨てようと一段と捨てるものを増やす。それに伴う行動が増える。
など、気持ちの問題が大きく影響しているのだと気づきました。

気づいたところで、やっぱりスッキリしたいという気持ちが変わるわけではないし、今年も「整理」「整頓」などの「より綺麗に」を目指してしまうのは、楽しくもあります。
会社でも同じことが言えるのではないでしょうか。心残りや、やりかけのまま年を越したくない。長期連休の前に片付けてしまいたい。などで、短期集中でやりたいこと、連休前にきれいにしておきたいこと、大掃除、などを12月中に行いたいからバタバタするように感じる。

そう思えば思う程、気持ちというのが公私共に私たちに与える影響は大きいのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました