ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コミュニケーション コーチング

信頼の獲得はこれが一番

投稿日:

信頼って積み上げるものかと私は感じています。
とは言え、少しでも早く心を通わせるには、相手を信じる事が先なんだろうなと。

今でも、高校からの親友に言われるのは、「smilecoachちゃんは、冗談まで本気にするから面白い」と。当時はどれが冗談かさえ分からなくて、「えっ?どれが冗談なの?」と聞き返したこともありました。が、考えてみると、手放しに誰でもというわけではなかったように思います。信じられると感じた人にはとことん信じることにしていたのかもしれません。

中学時代には誰でも信じていたから、真剣に対応したら、「冗談なのもわかんないの?」と馬鹿にされ、かなりそれが酷いことだったので、人間不信に陥ったことがあります。それでも、信じられると思う人まで同じにする必要はないなと思ってからは、信じる人はとことん信じるようになりました。
自分が信じる方が先なんだと感じるようになりました。

とは言え、どういう人なら信じられるのか。
凄く単純で、約束をしたら、約束を守ってくれる。これだけ。
約束を守れない時には、早めに教えてくれる。それだけ。

そのことがあれば、約束をした事を覚えていてくれる人だから、信じられる。これは私だけなのでしょうか。
あなたはどうでしょうか。

とは言え、私も約束をすっぽかしてしまったことがあり、信頼を積み上げたものがマイナスになってしまうと感じた事はあります。が、その時には、相手がきっと自分の気持ちの整理もあったと思いますが、それまで積み上げてきた関係を信じてくれるということもありました。だから、今まで以上に、そう言ってくれる相手を信頼できるようにもなりました。(かなり負い目を感じている時間は長かったですが・・・)

約束をして、約束を守る。
これに限るのではないでしょうか。
とは言え、人間は完璧ではないからこそ、その時たまたま、って事もあるかもしれない。結局、不完全であることも認めながら、相手を信じ続ける事が大切なんだなと思いました。

簡単な事ではないようにも思いますが、高校からの親友の言葉を胸に、まずは、自分が相手を信じ続けていこうと思います。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コミュニケーション, コーチング
-, , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2020 All Rights Reserved.