ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コミュニケーション 人材育成 組織の活性化

良い影響を与え合う

投稿日:2020年9月11日 更新日:

以前の職場で、資格などを急に取り始めた部下が居ました。
「どうしたの?」と確認すると、「smilecoachさんの影響ですね、完全に。」と。
彼女にそんなに影響を与えたつもりはないのだけれど・・・・。ただ、私は彼女の前向きさには凄く影響されたように思います。

改めて当時の写真が出てきたので考えてみると、良い影響を与え合える同僚だったなと思います。
私は資格ゲッターなわけではないですが、研修に自費参加して会社に還元できることを実行したり、部下との関わりを学ぶためにコーチングを始めたり・・・。業務に必要と思うと貪欲に勉強して、職場に還元していたと自負しています。

その私を見ていて、彼女は「業務で学びたい資格はないけれど、興味があることの資格はとってみたい」という思いは以前からあったのか、私を機会に考えるようになったのかは不明ですが、「○○の資格を取ろうと思うんですよ」と宣言して、勉強をしていました。

彼女は、本当に人の話をよく聞いている人で好奇心旺盛。しかも、「まずいお店も、まずかったよ~ってネタにできるから記録しておきます。」という位、食事を提供するお店に詳しくて、どんな事でも記録をしていました。前向きで明るくて、時に元気がないときも、私にはばれちゃいますが、お客様には嫌な顔一つしたことがないです。

そんな彼女だからこそ、私に影響を受けたと言われた時には、ちょっと嬉しかったですが、私が受けた影響の方が大きいだろうと思うと、驚きもありました。

ただ、確実に影響を与え合える同僚だったことは間違いないです。

彼女がその後、職を離れたあと、会って話をしましたが、「今は、マンネリで、刺激を受ける人が居ない。smilecoachさんが居たら辞めなかったかもしれないけれど、居ないですもん。」と。
彼女なら、誰からも刺激を受け取れるはずなのですが、きっと自分を奮起させるエネルギーと、マンネリ感とを比べると、マンネリ感が勝ってしまったのでしょうね。

そもそも事務ってルーティンが多いはずなのですが、それでも確かに、彼女と働いている時には、マンネリ感などお互いに感じた事もなく、楽しい話しかしてなかったように思います。

影響を与え合うというのは、尊敬しあうことでもあるんだなと私は思います。
この一言を伝えるために、長い文を書いてきた気がします。
改めて彼女にもお礼を伝えたいです。
心からありがとう。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コミュニケーション, 人材育成, 組織の活性化
-, , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2020 All Rights Reserved.