ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

マネジメント リーダーシップ 組織の活性化

大丈夫!の根拠

投稿日:2020年3月25日 更新日:

何度もお話していますが、こういうときだからこそ思い出す事。
「リーダーの『大丈夫』には根拠がある。というより、根拠を作るんだ。」と前の職場の社長に教えていただいた事。

こういう世の中が疲弊している時には、社員(部下)は不安になる。当然、経営者だって不安になる。だからこそ、日頃から色々考えているつもりだけれど、不安に対して、手放しで「大丈夫」というのは社員同士。リーダーになったら「大丈夫には根拠がいる」と言われました。

当時は意味が分からずに、詳しく伺うと、社長はゴミ箱いっぱいの色んな方面からの計算が・・・。
あまり考えている過程まで話すと長くなるから、最終的なのはこれだ!と、2枚にまとめた計算を見せてくださいました。

固定費、変動費がまず書かれていて、固定費は変わらないので、変動費をどう少なくするか。収入がない中で、動かせないはずの固定費に対して、何かできることはないか。他に収入になることはないか。借り入れがどのくらいまで可能か。などなど、本当にたくさん考えた末に、社員にも解ることにまとめてあることが枠で囲まれていました。
「5か月はやりくり可能」

その数字が導き出されてから、昼礼が開かれました。
「5か月は大丈夫だ!だから安心してほしい。でも、その5か月でできる事はこんなことだと思うから、協力してほしい。」と。
全員が安心し、自分ができることをやるという意識の高揚を感じました。
結局、当時は4か月半位で新しい仕事と出会い、ギリギリの状態を脱しました。

私はその後に凄く下手な事をしました。
その一体感があるからこそ、仕事を頑張っていただいてきました。(営業として)
有難いことにご縁をいただき、皆さんには忙しい思いをさせてしまうことになりましたが、ある時に「この忙しさはいつまで続くわけ?」と不満をいただくことに・・・。
「みんなならやれるよ、大丈夫」と、根拠のない、答えにもなっていない答えをしました。今でも「あの時は半端なく苦しかった」という同僚もいます。

リーダーである以上、根拠のある「大丈夫」を言えるようになりたい。
こういう大変な時代だからこそ、その「大丈夫」が言える会社、リーダーが居る組織、は強いだろうなあ。
そんなことを思うこの頃です。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-マネジメント, リーダーシップ, 組織の活性化
-, , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2020 All Rights Reserved.