ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

チームの知恵の結集がしやすくなる言葉

   

チームで何かを取り組む時、お互いの考え方や解釈が違うからこそ面白いと思えます。その考えや解釈がぶつけあいにならないようにするための言葉ってあるような気がしています。

以前は、どちらが正しいのかという問いかけをされていた事がありましたが、いつの頃からか、「いいね。だったらさあ」と、誰かの意見に乗っかって、更に良いアイデアが出てくるという事も増えてきました。

「いや、●●じゃない?」と自分の意見はあなたとは違う!という視点とでは全くチームの知恵の出方までも変わってしまいます。
「それもいいね。もう一つこんなのは?」という言い方もあります。これは、相手を否定ではなく、選択肢を増やす形ですよね。

いづれにしても、チームで活動するなら、チームのアイデアを融合されたり、考え方を取り入れることで、新しいものが生まれたり、改善したりすることがあります。ただし、目的や目標がずれないように注意はしなければならないと思いますが、こうして出来た知恵の結集は、どんな形であれ、チームの達成感と納得感が全く違うように感じます。その上、成果も大きいと感じられます。

繋げる言葉を少し変えるだけでも、知恵はぶつけ合いから、結集へと変わっていくと私は思います。

4月2日もそんな体験をし、達成感に満ち溢れました。
あなたは、誰かの言葉を聴いて、その後どんな言葉で繋いでいますか。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, リーダーシップ研修, 組織の活性化 , , , , ,