ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

人の器

   

昨日(2011年3月17日)で、東北地方太平洋沖地震から1週間になりました。栃木で一緒に仕事をしたり、出会ったりした人達が、「自分達はまだいい方だから、僕達がしてあげられることをしよう」と活動をしています。中には会社を守るリーダーの人達も多い。人の器ってなんだろう?って考えてしまいました。

以前、今リーダーに求められているものは何なのか?というお話を書かせていただいたことがあります。が、求められているもの以外に、人間性っていうものがあるんだなとつくづく感じています。
私もそうですが、せいぜい自分に何ができるのか?自分にできることの精一杯をしても個人レベルです。けれども、リーダーの素養が元々ある人は、こういう時も人を巻き込んでボランティアの陣頭指揮をとっています。何とか盛り上げようととバックアップに徹するリーダーも居ます。
けれども、人間性という意味で、「困っている人がいたら見てみぬふりができず、思わず動いてしまう人」って、こういう時にリーダーの器というものを感じてしまいます。そのことに影響を受けて、周りが頑張れる。元気をもらえる。自分のゆるぎないものがあるから、人に愛情を注いであげられるのかな?とも思いますが、本当の意味の「強さ」を感じます。

勝間和代さんが3Dとして「できることを、出来る人が、出来る限り」を合言葉にされています。
自分の器を勝手に小さく見積もりたくないし、決めてしまうのもどうかとは思うけれども、でも自分の今できることには限界があります。だったら、その出来る限りをすることが、それぞれの「大きな器」になるのかなと。
リーダーの器は誰にでもある。その大きさや形がそれぞれ違うだけで、その器にあったことを精一杯することが、結果として周囲から見たときに大きな器にみえるんだろうな。

そんな気が今はしています。

多くの人との関わりの中、自分との対話の中でいろんな事を考えさせられました。
あなたは、あなたの器を最大限活用できていますか。

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング, リーダーシップ研修, 組織の活性化 , , , , , , ,