ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

運が良いのに、ちょっと反省

   

昨日(2011年3月11日)は、太平洋三陸沖の大地震により、群馬県高崎市に居た私も震度5程度という地震を体験しました。正直、その場に居るとその瞬間は何も考えられなくて、その後に振るえが来ました。が、研修だったので、平静を保っているもの大変だと自分では思っていました。が・・・

運が良いことに、懇親会が企画されており宿泊先を主催者が準備していてくれたので、新幹線が止まっていますが宿泊もでき、食事もさせてもらえました。駅近郊にも宿泊先をやっとみつけて高崎駅近郊では駅に泊まった方はたぶんほとんどいらっしゃらないと思います。
が、私に何かしてあげられることはなかったのだろうか?とふと夜中に起きて思いました。ぼーっとしながらそんな事を考えました。

周りの人の事を考えてあげられなかったことを反省しちゃいました。

どうしても自分が被害者になってしまって、みんなに心配させないようにって事しか考えられなかったけれど、こういう時に人柄って出ちゃうよなあって思っちゃいました。やっぱり私も被害者意識になっちゃったよって。
早めに駅に行ってみようと思います。
食事が出来ないでいる人がもしいるようだったら、アメしかないけれど、差し入れしてこようと思います。

あなたが地震にあっていたら、まず安全でよかったです。ほっ
地震にあってなかったら、自分達に何ができるだろう?
地震にあっていて、安全だったなら、私達にできることって何だろう?

こういう時こそ助け合いたいものなのに、まだまだ「まず帰りたい」としか思えない私がいます。
小さいなあ(苦笑)

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング , ,