ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

お互いの強みを活かせるチーム

   

昨日(2011年2月20日)は日本コーチ協会の茨城・群馬・埼玉・栃木の4つの支部合同のイベントがありました。そのイベントが栃木担当だったために、栃木のメンバーが運営しました。私は二日目だけ講師として参加しましたが、それぞれが強みを活かしたチームワークだなと改めて感じました。

それぞれが責任をもって関わっている事、それぞれがその事に対して安心できる事、それぞれがフォローをしあっていることなどがそのチームには合った気がします。
こうなれたのは、なぜだろう?

一つには、一人一人が本当によく発言し、お互いがよいものを作り上げようというゴールに向けて団結できていたことが一つです。その団結を生んでいたのは、リーダーが細かい部分での呼びかけをしてくれたこともあったように思います。また、お互いが与えられた役割をこなさなかったときにどうなるかを分かっていて、責任をもってかかわりました。人数が少ない(6名)ことも大きな要因だと思います。
つまり、人数が少なめなので、それぞれが責任を持たざるを得ません。またそれぞれが一人で抱え込めないために、一番得意そうな人に任せておくのがお互い気遣いする事が減らせるので、一番得意そうな人にお願いをできたことも、安心して任せられる要因だったように思います。

最後の会計も、会計のプロが一人居ましたし、数字を扱うのが得意な人が他に2名居ましたので、電卓を文字盤を見ないでうててしまうような人のしっかりした会計でその場で終了し、各支部への返金まで終わってしまいました。

6名のうち一人は段取りしか出られないということで、段取りには積極的に参加されていらっしゃいました。また、時間管理役、司会進行、まとめ、誘導など本当にそれぞれが流れを共有したことも団結しやすかった事でした。
何より、段取りの際、少しでも疑問があれば、誰でも確認できるお互いの関係があったという事も大きいです。

私はメンタルプロセスの管理は普段の中でも大切にしていた事なので、その部分で雰囲気管理をさせてもらえたようです。そえぞれが「自分がどう関われるのか」を考えて、動ける場作りと、多すぎない人数が良かったのではないかと思います。

「一人あたり、目が届くのは8名まで」という話しを聞いたことがありましたが、どうしてもその意味が分からずにいました。けれども、今回のことでこういう事なんだなと思いました。8名を越えたら、チームを分けていくなどの工夫をしていく必要があるのかも。ただし、チームを分けたときには、お互いのチームを纏める人もまた必要。そうでないと、ただ対立や溝を造ってしまう可能性もあります。
お互いがお互いの事を共有できることも必要だと思います。

良いチームに関われたことで、改めて「よいチームの条件」を思い出させてもらいました。

あなたは、どう思いましたか。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, リーダーシップ研修, 組織の活性化 , , , , ,