ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コミュニケーション コーチング

言葉と感覚の理解の違い

投稿日:

昨日(2011年1月13日)は宇都宮市において、恒例となりましたコーチングセミナーを開催しました。今年は1年どんな風に進めていこうかとずっと考えていたことの今年最初の日。とにかく言葉でさらっと言ってきたことの意味も体感してもらおうと思っていました。きっとこのスタンスは変わらない中で、良かったなと思えたことがありました。

自分も含めて、頭では考えているけれど、理解はできてないことがあると、どうしてもテクニックに頼ってしまって、自分の中で「こうしなくちゃ」って思いが広がってしまうなということを体験したことがあります。何か新しい事をする時などは多いのですが、新しい概念とかを知って、「そうなんだ!」と思うけれども使えてない。意識してやってみるけれど続かない。

これがどうも自分の中でもどかしかったのです。

けれども、体感として感覚が理解した時には、「こうしなくちゃ」じゃなくて、できる!とか使える!って思ってできるようになることが多いなって気付いたのです。
その自分の気づいたことを昨日は参加者にも味わってもらって、更に使えるようになってもらいたいなって思いました。だから言葉のない会話に挑戦!

結果、言葉がなくても会話ができそうだということを体感しました。その後に言葉を使って会話をすると、誰一人長いはずの時間、緊張しないで相手を信じてはなすことが出来ていました。
頭の理解に頼るよりも、体験して感覚が理解できたらいいんですよね、きっと。

これが全てではないと思いますが、自分が体験して気づいた感覚を、自分なりにアレンジして体験してみて欲しいことに変えてやってみました。
きっと、昨日いらっしゃった方は、来月までに何かしら試していらっしゃるんだろうなと感じる事ができました。

仕事も、教育も、同じじゃないでしょうか。
何となく一般化してしまっている自分が居るのですが、感覚で感じるための体験をする。そんな機会を与えてあげられたらいいなと思いました。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コミュニケーション, コーチング
-, , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.