ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

その人の価値と価値観

   

私は人の繋がりを作ることも大好きです。昔からお節介だなと思うほどだったのですが、一時期その事が止めたくなりました。なのにやってしまうのです。これは私の価値。つまり才能なんだなあと思えるようになったのはここ数年です。

私は、小さい頃から好奇心旺盛で、特に人に関しての好奇心はすごかったように思います。誰かの噂が流れても鵜呑みにしないで、必ず本人に確認してみる。その人が「こうだ」と言えば「そうなんだ」と思い、噂への興味は終了。今度は噂を流した人も気になる。なんでそんな噂を流したのか。どんな気持ちなんだろう?何が得なんだろう?言われた人はどう思っているんだろう?などなど。一つの噂にしてもいっぱい考えて、考えただけじゃすまなくて確認しちゃう。分かれば終了。
そんな事をしていると、嫌われちゃうかもしれないのに止められない。運よくこうして話してくれた人が「里江ちゃんは口が固い」と相談される人になっていきました。

噂でなくても、小学生の頃に先生に「先生はなぜ先生になったのか」「どんな時が一番嬉しいのか」って質問をしまくりでした(苦笑)
高校のときも同級生や後輩に「将来どうなりたいのか」なんてことを良く聴いていました。
就職をした後は、更に本を読むようになりましたが、この著者はどんな思いで書いたんだろう?どんな人がこういう事を語るんだろう?普段はどんな事考えているんだろう?と思ってしまい、感銘を受けた本の著者にあえそうな機会があると足を運んだりもしました。

そんな事が続いているうちに、知らない間に知り合いが増えていました。そうなると、話を聴いていて「こういう人と知り合えたらいいのに」と言われると、「居るよ」と紹介したりもしました。
ほんとにお節介な話なのかもしれませんが、両者が知り合えたら、きっとお互いに幸せになれるだろうなと思うと勝手に紹介したくなる。そんな事が続きました。
これは小さい時から変わってなかったと親に言われて、自分では気付いてなかったのですが、どうやら昔からのようでした。

ある時、そんな私がある人Aさんから声をかけられて、こういう人知らない?と聞かれたのでご紹介をしました。すると喜んでくださったのですが、その相手の方Bさんからは全く連絡が来なくなりました。
私には何が起こったのか分かりませんでしたが、まあうまくいっていればいいやと思っていたある日、Bさんと違う場所で出会いました。でも目を合わせてくれないんです。「うまくいっていると思っているのがAさんだけだったら申し訳ない」と思い、Bさんに声をかけて聴こうとしました。それでも「あなたに話すことはない。うまくいっているから大丈夫です」と言われました。うまく言っているならなぜこんな態度なんだろう?と「私何かしちゃったのかな?」と聞いてみると、どうやらAさんがBさんに、私の悪口やBさんの悪口を言っていると伝えていたらしいのです。「えっ?」「はい?」「何?」頭には?マークだらけ。Bさんが素晴らしいから紹介したわけですから、悪口って?私の悪口って?よく分からないけれどBさんと話しているうちにBさんの誤解も解け、Bさん曰く「小林さんに繋がった新しい縁を邪魔されたくなかったんじゃない?」という事でした。

それでも私としては当時ショックでした。裏切られたわけでもないんですが、Aさんがそんな人だったなんて。という思いにさせられてしまいました。今は、新しい縁を作るのが苦手だったAさんだからそうしちゃったんだと思えますし、Aさん自体も同じ事をされたようで、かなり時は経ちましたが、その当時のしてしまった事についてお詫びのメールをいただきました。
それでも、ショックをうけたその時は、「もう紹介するのはやめよう」と思いました。なのに、なぜか知らないうちにしちゃっているんですよね。

そんな時に「繋がりを作るのは私の才能なんだな」と知りました。これを価値とも言うんでしょうね。

そして、価値と価値観の違いも分かりました。
勝手な自分の解釈かもしれませんが、私としては価値観は私が大切にしている思い。企業で言えば理念。
そして、価値は私の持っている才能。企業で言えば、風土や特徴。

そう思えるようになってから、人への興味も物事への興味も私にとっては好奇心。知りたい気持ちだから学習欲という人も居ます。けれども、私の中では好奇心って言葉がぴったり来ますね。これもまた私の才能の一つなのかもしれませんね。

価値観は語れるけれど、自分の価値(才能)って自分では当たり前すぎて見つけにくいものなんですよね。でも、これを知ったことで私は自分を好きになることができるようになりました。

「どんなに優れた人でも欠点のない人は居ない」という言葉の裏返しで
「どんな人でも欠点ばかりの人は居ない」とどこかで信じていたけれど、自分に関してが一番見えにくくて、この価値を発見するまでに何十年とかかってしまいました。きっと一人で見つけようと思っていたからでしょうね。

今は、自分を好きです。そして、こういえてしまう私も好きです(^^)

あなたはどんな才能を持っているのでしょうか。
そして、どんな価値観を持っているのでしょうか。

一番大切な問い
あなたのその才能や価値観を無視したり、止めてしまっていませんか。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング , , , ,