ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

気力で勝負!は健康である時の言葉

   

気力で勝負!という言葉は健康な人にかける言葉であって、健康出ない人には自分ではコントロールできない事でもあることを知っておかなければならないと思います。ヤル気がないように見える人も日頃からそうなのか、それとも急に、徐々にそうなのかを見極めたいものです。本人が気付いてないうちに健康を害していないか周りから教えてあげることもできるのではないでしょうか。

敢えてこのことを話すのは、健康を害した人の心の叫びを聴いたからです。「自分ではどうしようもないのに、何もやらない、やる気がない、気力が足りないなどと言われて、ただでさえストレスが原因だと言われているところに、自分でコントロールできないものをどうしたらいいのか、焦ってしまって逆に悪くなってしまっています。どうしたらいいんですか。説明しても、その時は大変だと分かってくれても、次の瞬間には伝わってなかったことが分かるんです。治療と言っても薬を飲むだけしか今はないので、他にどうしたらいいんだろうか。」

悲痛な叫びでした。私も気力で何とかなるならと無理して動いた経験があります。でも、結局その後がひどいことになる。分かっていてもやるしかないと決めるんだけれど、結局、そういう時は無理しているのもばれましたしね。

健康であるということは大切なのですが、健康でない人をいち早く見つけて、本人に伝えてあげられたらそこまでひどくなるうちに病院に行かせてあげられたのかもしれません。

仮に、話してくれた人のように既に健康を害してしまった人は、きっと職場に来ている事だけでも本当はすごいことなのでしょうね。けれども、仕事の相手は待ってくれませんし、健康がどうのという事は関係ありません。お客様にご迷惑がかかるのであれば、自ら休むという選択肢も選択できることを知っておいてもよいかもしれません。

上司や同僚は、責任において職場に来ているのだとしたら、その事も認めて、仕事が出来ているのであれば、健康について「今は、どういう状態なのか」「その後どうなのか」などと、健康に気を遣ってあげることで、その人の状態を気にしてあげられると良いかなと思います。

ちょっとしたことなのですが、健康を害した人と話したことで、自分が健康を害していた時のことや、部下が風邪を引いてしまった時の声かけを思い出しました。声かけしだいで、本当に相手の自覚が変わるんです。「気力が足りない」と言うよりも「その後大丈夫?」と声をかけた時の方が、相手も自分の体調と会話をすることができていました。自分の状態を自覚することができるんでしょうね。結果として、休みをとって直すことに専念できたり、体調が悪い事が周りに伝わっている事を自覚して、「自ら」治そうと思っていました。

他人から無理矢理「治せ」と言われると、ストレスになるだけなのに、自分から「治そう」と思えると治癒力に変わるような気がしています。医者でもないので、体験と先ほどの方の話から思うことでしかないのですが、ちょっとでも相手のためにできることであれば、してみたいと思いませんか。

体の健康も、心の健康も、同じではないかと思います。

健康な人にはわからなくても、その人は自分の体と既に闘っているのですから、応援してあげたいものですね。私も気をつけたいという意味で、あえて書かせていただきました。

あなたは健康ですか。周りの人は健康ですか。あなたの一言が相手を苦しめていませんか。

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング , , , , ,