ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コーチング

「どんな」より「何」

投稿日:

わかった気になると、全く入ってこない情報や学びが、解ってないなと思うと入ってくるのは不思議なものです。

メンターコーチと話していて、
「どんな風にしたいか」「どんなリーダーになりたいか」というアプローチをしたとします。
が、それで「ああ」とわかったつもりになってしまうと、イメージしているものは全く違うものをイメージしていることもあります。
具体的に「何をすればそうなるのか」「そのリーダーは何をしているのか」など、言葉に出せて初めて意識して、そこに近づいていけるよね、と言う話をしました。

考える、思う、だけでは近づけないのは、イメージが明確でないかもしれません。
まずは、「どんな」でぼんやり見えたものが、「何」で具体的にできて、行動に繋がっていくのだろうなと改めて気づきました。

「無意識にはできていたのだろうけれど、スランプがあるとしたら、意識してできる術を知らなかったのかもしれない」とふと考えて、「何」までちゃんと聞けているだろうか。私の独りよがりになっていないだろうか。

この点を改めて一緒に話していける場作りをしていきます。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コーチング
-,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.