ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

マネジメント リーダーシップ 組織の活性化

リスクマネジメントと誠意

投稿日:

今回の台風は25年ぶりと言われるだけあって影響がありました。
地域の電車・新幹線等の交通網は軒並み「運転休止・見合わせ」となり、高速道路も閉鎖区間がある状態。車が風で横転しているのをテレビで見ると、本当は出かけなければならない事象があっても、極力命を優先させようと思うわけです。

けれども、そういう時にはリスクマネジメントも大切だけれど、責任感や使命感、誠意と感じられる行動に見られる事も多いことも感じました。

私は最初の職が公務員でしたので、一段と「こういう時ほど出勤しなければならないだろう」と思ってしまう事があります。けれども、お客様も少ないでしょうし、対応自体は減るはずなのですが、何かあったときに対応できる準備は必要だと思うからです。

今回も、寮に居る娘から「宅急便届いたよ。ありがと!」と台風の真っ只中であるのに連絡がありました。
学校も休校になり、寮に居る娘たちは部屋で自習になるのか、休校だから自由行動なのか解りませんが、多分時間を持て余してしまうだろうと思っていました。
台風の前日に頼まれたものをもし届けば暇つぶしにもなるだろうと思い、送り、「台風だから、明日の予定でも明後日になっちゃうかも」とは伝えておきました。

けれども、台風が近づく前に配達してくださったのでしょう。思った以上に早く着いて、娘は早速、暇つぶしをすることができたようです。
「後ろ倒しにするのではなく、(寮から指定されている)希望時間帯よりもかなり早いけれど、台風が来る前に届けてくださった」のは、リスク管理でもありますが、「誠意」と感じました。

そのことがあって、一段と夕方から出かける予定があったのですが、前日に「台風ですが明日はどうしましょうか」と仲介の方に確認していただくと「来てほしい」との事で、余程困っていらっしゃるのは解っているし「身に危険がなければ伺います」と伝えました。
リスク管理の一つは手を打ったつもりです。
けれども、結局は、台風で車が横転する可能性もあるほど、風が強かったので、「とてもじゃないですが、運転する自信がありません。また道路状況も解らないので、できれば○○で対応できないでしょうか。」と再度確認。
ご了承を得る事と、他の対応策を考える事で、ご納得いただいたわけですが、何度も思ったのは、相手は仕事をしているわけです。なのに「行けません」って誠意が伝わらないし、そもそも誠意があると言えるのか。

安全第一だとは思いますが、それなら昨日、お伺いではなくて、「リスケをお願いしたい」となぜ言わなかったのだろうか。と。

宅急便の対応を目の当たりにして、私の仕事への責任感や誠意とは何なのか、と自分自身を猛省してしまいました。
どこかでお客様に甘えていなかっただろうか。
他にもっと良い方法はなかったのか。
リスクマネジメントという意味で、相手にも私にも良いリスクマネジメントとは、どういう事だったのだろうか、と。

色々方法はありそうな気がしました。
でも、今回はもう昨日終わってしまったことなので、今後、同じようなことがあったときにどうするのかを、仲介の方も含めて、再度考えてみたいと思いました。

また、個人としては、私自身の責任感・誠意というものを今一度、何なのかを考えて、行動にしていこうと思います。
考える時間も状況も与えてくれた台風でしたが、今日から何か一つでも良いので、変えていこうと思います。

まずは、ちょっと期限前だからってゆとりを持って構えていた仕事を早めに終わらせようと思います。甘えた自分に喝を入れながら・・・

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-マネジメント, リーダーシップ, 組織の活性化
-, , , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.