ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

小さな事もコツコツと

   

昨年から取り組んできた挑戦に対しての結果が出ました。
そこで感じた事です。

自分の場合、ゆっくりゆっくりなので、本当に小さな一歩の積み重ねが実を結びました。

が、望んでいた結果が出て、嬉しいというよりは、良いものを提供できているのかもという「安心」と、「これからがスタート」という気分になっているのが不思議な気持ちです。
仮にスタートだとしたら、私はどこに行きたいのだろうか。関わる人達と成長を共にしたいという価値観だけの気がします。
今朝も既に一歩を歩み始めた今日があります。

応援してくれていた方にも連絡をして、喜びを共にしてくれた方が、この挑戦をしてからの変化についても聴かせてくれて、もっと極めてみようと思ってやってみると、果てしなく成長できる視点はあり、その成長のプロセスを踏んできたんだなと感じさせていただきました。
そして、「共に成長する」という私の大切にしているキーワードも共有することもできました。
本当にありがたい事です。

私の今後の一歩も小さな小さな一歩の積み重ねですが、その一歩がなければ、その先には進めません。
共に成長したいと思える人たちが周りにたくさんいてくれる事って本当に幸せだなと改めて感じた結果報告となりました。

今だから思うのかもしれませんが、結果がもし悪かったとしても、私は成長のプロセスを楽しんでいたと思います。きっとこの小さな一歩を積み重ねる事の意義を私自身が知るための挑戦だったのかなと思います。
仮に結果が出なかったとしても、私は「成長のプロセスを楽しむ」しかも「共に」というところがあれば、きっと進み続けるのだろうなと今つくづく感じています。

だから、時に勝手に「共に成長」したくなった人に、普段の会話でもお節介しちゃって、「余計なお世話」って言われちゃうこともあるのですが、私の中の大切な「歩む意義」だったのでしょうね。でも、さすがに無理強いしちゃうお節介にならないように、「共に歩みたい」と思う人と歩んでいける機会を増やしていきたいなと思います。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング, 人材育成 , ,