ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

上司はプロセスでどう関わるか

      2018/04/24

上司は途中でどう関わりますか。

プロセスでの関わりによって、相手の成長は変わります。
イメージさせてみる(見本を示す)という事も重要ですが、その人が自分の思うタイミングでやらないと、やってしまうことがあると、その人が順序だけ変えているだけなのに・・・となることもあります。

実際に私も経験があります。
自分の中で、どういうタイミングで関わろうかと考えて接しているのに、「なぜここで接しないんだ」と会話をするタイミングがなくて、いきなり割って入られた事がありました。
けれども、私なりには、順序を変えるとよりスムーズに話す事ができる気がして、敢えてプロセスを一旦飛ばしたら、透かさずに上司が割って入っていらっしゃいました。

正直、「何で確認してくれないの」今、このタイミングだと、やれることが制約しすぎてしまって、部下の育成に良くないと思うんだけど・・・と心の中で思いました。
しかも、割って入ったのは、私の代わりにやってしまったのです。
私の成長は止まった、と思いました。

振り返る時間も取っておらず、私自身が頭でも学ぶ機会さえなかったです。
凄く残念に思いました。

かといって、その瞬間を見過ごすと、更に大変な事になる可能性があったから止めた、と言われたら、事後であれ納得はできるのです。
成長にはどうしても必要なのは、振り返りです。
上司は「共に成長」するためにそっしょくに聴きたいことを言う姿勢を示し、共に聞く事ができると良いと考えられます。
明日以降、少しタイミングを考えて関わろうと思います。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング , ,