ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

自分にできることをするだけ

   

自分にできることをするだけ。でも、できることって何だろう?自分の限界ってどこだろう?
あなたはどう決めてしまっているんですか。

人は上手くできているなあと思うこと。「もう僕限界」といつも言う人が居ました。けれども、彼にとっては8割程度です。本気でないことは分かります。
ある時、断れないことが発生し、彼にお願いをしました。すると彼は「僕限界です」といいながら、さらっと終わらせてくれました。「あれ?限界じゃなかったの?」と聴いた私に彼が教えてくれました。
「何かの本にね、人は8割で限界って言うらしいよ。それは自分の体を守るためらしい。人の防衛本能だよね。でも100%出したら、会社は毎日100%を要求するから、僕も8割でも限界って言ってみることにしています」と淡々と応えてくれました。

そうだったんだ。私はその言葉を知って、ちょっと100%を見てみたくて、出来る限り頑張った時期があります。本当に自分でも頑張りました。しかし、彼のいう事はうぞじゃないと思いました。100%は確かに瞬発力ではでます。が、続けることが困難だから、自分なりに工夫を始めました。どうしたら効率よくできるのかを。

結果的に8割程度におさまっていきます。また、限界に挑戦する。するとまた考えて80%くらいに。
これを繰り返している間に、どんどん仕事も家事もできることが増えていきました。

自分にできることをするという場合、限界だと思う8割以上のことをしてみることで、買ってに8割に戻そうとする力が働くのであれば、限界ってないのではないでしょうか。
そこには、一人での限界はあるかもしれません。しかし、チームとして行う場合、お互いが「限界はない」と思えるようになったら、実は何でもできてしまうのではないか。今はそんな風に思うようになりました。

自分のできることはここまでです。
そんな言葉を仰って方がいらっしゃったので、ふとそんな事を伝えてみたくなり、話をしたら、明るく前向きになられたので、皆さんにもおすそ分け。

あなたはどこで限界を決めていますか。
あなたのできることって、本当にそれだけですか。
あなたなら、できる!

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング , , , ,