ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

初心を思い出す

   

3月に入り、来年度の新入社員研修が始まりました。
この時期になると感じるのは、初心を思い出すということです。

私が就職した頃、今入社している人たちのように、就職に関し、しっかり考えて、何をしたいかを明確に伝えられただろうか。
確かに、就職に向けて取り組む中で、明確になっていく方もいらっしゃれば、入社は決まったけれど、まだ明確な所までは行ってないという方もいらっしゃると思います。
が、明らかに私の入社前の研修期間中は、まだまだ学生の延長で、働くということが解ってなかったように思います。就職した理由も「近いから」「親に進められたから」なんて言う必死になっていた人には申し訳ないような理由だったように思います。

けれども、唯一「初心だな」と思うとしたら、入社から半年以上経ってからの「自分で決断したんだな」と思えた時だと思います。

つまらないこと、挫けそうな事があると親のせいにして。何がしたいわけでもなく、ただ日々時間を過ごしている感覚がありました。
けれども、やっと「自分で家族の事も考えて、ここにしたんだ。」「他の選択肢を探さなかったのは自分の決断なんだ。」など思えるようになってみると、周りに優しい先輩や、楽しい同期がたくさんいて、周りで起こる出来事が全部違ってみえてきたのもその当時に感じたものでした。

それから「とにかくやってみればいい!」「仕事は選ぶものかもしれないけど、選ばれる事もある」と思っていたのが、私の1年目。いわゆる初心だったように思います。

正直、他の方々の初心というと「ここで◯◯しよう」「◯◯したい」というのが初心だと思うのですが、私の場合は、おはずかしながら「選ばれた職で、とにかく頑張ろう」だったと思います。

だからこそ、しっかり自分の意思を持って、入社される方々を凄いなと尊敬もしますし、私自身の今の職も「選ばれたものかも」と思うと、選ばれたなりに求められている事をしっかりできているのだろうか、と振り返ることもできます。

この2ヶ月位は、こうした初心と向き合いながら、私自身の事もしっかり振り返る期間だと思って、真剣に関わりたいなと思います。
まだまだ出会う人達から学ぶことは多いなあと、感じる毎日です。
そして、私が何を影響として与える事ができるのか。そこも良いも悪いも含め、しっかり逃げないで見てみたいと思います。初心を思い出し、職に選ばれた事への感謝もしながら、日々を楽しみたいと思います。

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - 人材育成 ,