ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

ネイティブコーチのひとりごと

コミュニケーション コーチング

良い子ちゃんからの脱皮

投稿日:2016年11月16日 更新日:

小さい頃から、親に褒められたくて、それでも褒めてもらえなくて、良い子ちゃんで居続けた時期ってありませんか。私だけでしょうか。
でも、その良い子ちゃんから脱皮する時が必要なんだと思えたのは、大人になってからです。
良い子ちゃんの時期があったからこそ、今の脱皮に繋がったと思いますが、身についたものは時折顔を出しては、良くも悪くも影響を残していくようです。

「良い子ちゃん」と言っても、人それぞれ受け取り方があると思います。が、私の中の良い子ちゃんは、周りの人の言うことを聞いて、すぐに動けるけれども、正義感が強い子。何をやっても一生懸命で、言い訳はしない。そんな子の事だったと思います。

この表面に見せる部分は、きっと変わっていないだろうと思います。
けれども、「そう居続ける事は難しい。そうでない時もあっていい」というのが私の中の脱皮で、随分自分の脆さも出せるようになりました。

そうなってからの方が楽ですね。
私の中の良い子ちゃんは、
「リーダー(学級委員)はこうでなければいけない」
「先生の話は真剣に聞かなければいけない」
「勉強はコツコツやるものだ」
「遊ぶ時は目一杯遊ぶものだ」
「人に嫌な思いをさせてはいけない」
「男性のプライドを傷つけてはならない」
「社会人はお金をいただく以上、精一杯やれることをやらなければならない」
などなど、小学生の頃から、もしかしたらそれ前から、徐々に徐々に大人になるまで、たくさん積み上げてきました。
でも、ドンドン固められていく窮屈感と、何かしらのストレスが同時に溜まっていくのも感じました。

そんな時に、実母の「言いたいことを言う人は、何をしても言う。あんたが何をしたいか。本当にやりたいことなら、言われても気にしないでやったらいい。」という言葉。義母の「私は物分りの良い姑で居続けられないから、全部言う。だから、良い嫁をしなくてもいいよ。」という言葉。
たくさんの自由になっていいよという言葉はあったはずなのに、ちょうど行き詰まっていた頃に言われたこの二人の言葉は、私を脱皮させてくれました。

「~しなくちゃならない」ではなくて、「私がしたいことって何だんだろう?」って。
「いつも良い子ちゃんで居る必要はないんだな」って。

それからは、良い子ちゃんで居たい私が封印されたのではなく、良い子ちゃんでない時間ができるようになったのです。
私の解放時間なのでしょうね。
そして、良い子ちゃんでない私の言葉も、外で発する場面も出てきました。少し楽になってきたのだと思います。

こうして私の中での脱皮が始まりました。
気づいたのは、誰に言われたのではなく「自分自身の、自分のイメージに縛られていた」事でした。
目指すには理由があって、親に褒められたかった私が、きっと特に父親に褒めて欲しいのに、褒めてもらえない事を外に求めていたんですよね。
でも、結局は満たされないんですよね。

父の生前に、しかも父が寝込んでから、正直にそんな話もしました。
すると、父は涙を流しながら、「ずっと、いつまでも自慢の娘や」と言ってくれました。その時が私の本当の脱皮だったと思います。

今は、信じられる人たちに囲まれて、随分自分の事をさらけ出せるようになりました。
その中でも、わがままを言ったり、弱い部分をそのままさらけ出せる人も見つける事ができて、以前までより楽しい時間が増えました。

自分で自分を縛っていて、そこから解放されるって変な話に聞こえるかもしれませんが、自分自身がこうした体験をしてみると、結構多くの方々が、自分自身のイメージに囚われてしまっている事に気づきます。

あなたは、どんな自分のイメージをお持ちですか。
それがちょっと重く感じたりしていませんか。

全部じゃなくていいので、ちょっとだけでも解放する時間を作ってみませんか。

スマイルコミュニケーションへのお問い合わせ

-コミュニケーション, コーチング
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ネイティブコーチのひとりごと , 2018 All Rights Reserved.