ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

根本は同じなんだなあ

   

昨日、企業の中で一般販売員から役員まで体験された女性のお話しを伺える機会がありました。
その時に感じたのは、同じような発想をされるんだなあという事でした。この根本は、きっと男女関係ないと思います。

同じだなあと思えた点が3つありました。
1.好奇心が旺盛
2.使う言葉が前向き
3.周りに応援されている
上記が似ていました。し、私が2番目以外は、大切ですよ~と話していることと同じ。
どうでしょう。男女関係ないですよね。

一つずつお話しをすると、
1.好奇心旺盛
人だけでなく、他の人の仕事にも好奇心がある。だから、「何々?」「やってみたい!」「教えて!」「聴かせて!」など、好奇心があるからこそ、純粋に知りたい!という事で、業務の中で広い知識を持てる機会を自分で自然に作っているという点。
正直、男性の仕事とか、女性の仕事とか関係なく、興味を持って知るという事もそうですし、手伝おうとするので、その業務に触れる機会が多いんですよね。
その上、好奇心ですから、無理してやろうではなく、楽しめてしまうのです。

2.使う言葉が前向き
彼女は、男性には「すごい」「さすが」などと相手を立てる言葉を使い、女性には「ありがとう」「嬉しい」「そうだよね」など共感や感情の言葉を使う事で、相手にも心地良く思っていただけるような前向きな言葉を使うと仰っていました。

私の場合の前向きは、「ありがとう」「すごい」などはどちらにも自然に伝えていると思います。
が、他に「どうしたらよいのか」「私に何ができるのか」など、自分自身が動くことを前提に自分への問いをかけることで、自分が前向きな動きをできる言葉を使う事が多いです。

彼女の相手をも前向きにさせてしまう声掛けは素晴らしいなと思いました。

3.周りに応援されている
子育てをしながら仕事をしようとすると、周りの協力は不可欠です。特にご家族は。
彼女はお姑さんの考え方に救われたと仰っており、家事や育児はお姑さん任せだったと仰っていました。が、感謝の気持ちを忘れていないのと、その間に自分なりのネットワークを広げて、頼れる人(ママ友や地域の人達)をたくさん持ち、お姑さんが調子が悪いときには、頼れる人たちを作っていたそうです。
こうした応援してくださる事に恵まれたのが運だと感じた所だけでなく、運以外の応援者を作っていくことを積極にされているのが、素晴らしいなと感じました。

私の場合には、1番目の項目にも関連して、自分が手伝える事は手伝う事をしているうちに、「手伝おうか」とおっしゃってくださる方がたまたま増えていたんです。ありがたいことです。
私は、彼女のように戦略的に関わることはできないので、不器用な私らしく、自分のやれることを必死にやっているだけです。
でも、「あれだけ頑張っているんだから・・・。」と声をかけてくださる方がいらっしゃいました。

応援していただける人が居るということは、とにかく自分が必死にやっている姿が周りに見えることと、運だと思っていましたが、彼女に意図的に作っていく方法も聞かせていただいた気がします。

他にもたくさんのお話しを聞かせていただいたのですが、多分、私が「私も解る~」「彼女は意図的にすることで、伸びてきたなんてすごい」とキーワードとして頭に入ってきた部分が3点でした。
「たまたま」なんて言っている私は恵まれていると思っていたけれど、無意識に意図的だったのかなあとも考えさせられました。

実際には、他にも「そうそう!」「一緒だ」「表現は違うけど、解る」「ああ、やってた!」という事もたくさんあり、凄く嬉しくなってしまいました。
その方の今後のご活躍も拝見していたいなあと思いましたし、違う業種で同じようにキャリアを積んでいらした方のお話しを伺えて、楽しかったです。

彼女との出会いに感謝です。ありがとうございます。
あなたのお役にも立てれば・・・・。今日は大きな3つのみですが、また話していきますね。

 お問い合わせはこちら

 - リーダーシップ, 人材育成 , , , , ,