ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

自ら学ぶ姿勢があるかどうか

   

昨日、一つの課題をいただきました。
職場から「研修に参加してきなさい」と言われた人が100名を超える集まったのですが、中堅の方々なので、自ら学び取る姿勢が重要だと私は思っています。
でも、そうでない人達もいらっしゃるのですね。

「自ら学び取って欲しい」という前置きの上、自ら学び取っていただく事をしていただいたのですが、アンケートにこんな意見がありました。
「正しい答えが何なのか、教えてもらえないので、答えをちゃんと言って欲しかった。」
「何が言いたいのか解らない。ディスカッションが多くて、学ぶことがなかった。」
そう来たか!という印象。
当然、いろんな人が集まっていらっしゃるので、色んな人が居ても良いと思います。
が、他の人達が高評価だったからこそ目立ちました。途中の態度で「あの人は自ら学ぶつもりがなさそうだな」というのは気づいていたけれど、何せ会場がギリギリの人数まで入っているため、真ん中辺りに居るその人に近づけない。

フォローしきれないまま終わってみたら、やっぱり。

でも、仮に近づけていたら、私は何をしてあげられたのだろうか?
自ら学んでいただくために、何ができたのだろうか?

正しい答えを欲している人には、「正しい答えは一つではないはずです」と何度も途中で伝えたはずだけれど、そうは言っても答えが欲しかったのでしょうね。
不完全燃焼感のある人にどう関われるのか。
自ら学ぶ姿勢が薄い人に、どうか関わる事ができるのか。(しかも気づいているのに・・・自分の情けなさ)

これからのテーマを頂いた気がしました。
ありがとうございます。
そして、自分なりの答えが見つかった時には、またご紹介したいと思います。今日は反省を残して置きたく・・・。

 お問い合わせはこちら

 - マネジメント, 人材育成 , , ,