ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

誰一人欠けても私は居ない

   

今日(2010年8月15日)は、お墓参りに行ってきました。そんな時に自分のたまに頭を休ませたい時に読む本があるのですが、その本のことを思い出します。

ブッタとシッタカブッタという本なのですが、その中に「誰一人かけても私は居ない」というような家系図に似た絵が描かれたものがありました。親、親の親、親の親の親が居るから私が居る。誰か一人居なかったら、私は私ではない。そんなことが大切だと感じさせられます。

実は、これは家系に関わらず、本来仕事でも学校でも同じなのではないでしょうか。
それが違うと思わず大切にできたら、組織も変わるだろうなあ。そんな事を思いました。

とは言え、まず一番身近な人が居てのお仕事だという事を忘れてはならない気がしたので、ここに記します。

 お問い合わせはこちら

 - コミュニケーション, コーチング