ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

傲る(おごる)のも、卑下するのも同じ

      2016/03/23

もう10年以上前ですが、「smilecoachさんは自己卑下を良くするけれど、傲っている人と何ら変わらないと思いますよ。」と尊敬している方から言われた事があります。
その意味が解らなくて、どこかで「まだまだだ」と思える自分を謙虚だと思って流してきたけど、ずっと引っかかっていた言葉でした。

でも、今、ほんのすこしだけ解ってきた気がします。

謙虚ではなく、自己卑下と言われた事がそもそも違っていたのでしょう。

そうなんです。心のどこかで「私が思う私はもっと出来ていいのに」って思っていたように見えたんじゃないかと感じることができたのです。
皮肉なもので、そのことが解ったのは、そういう方が目の前に現れたからでした。

その方は、正直で、「私はもっと私自身ができる人だと思っていたのに、こんなに出来ないなんて、がっかりです。」と仰っていました。
私からみたら凄く素敵なのに、何をおっしゃるやら・・・。と思っていました。

最初は「謙虚ですね」とお伝えしたのに、その人から「いいえ。謙虚と過小評価は違います。」とハッキリ言われてしまいました。
衝撃的でした。

でも、その瞬間、引っかかっていた10年以上前の言葉が頭をよぎりました。
そっかあ、こういう事だったのか。私はもっとできる人のはずなんて、私自身が思っていたように見えた。いえ、きっとそうだったのだろうし、今もそうなのかもしれない。
そう思ったら、急に顔中が熱くなって、恥ずかしくなってしまいました。

でも、これも私なんでしょうね。ほんと、情けないほどに、自分を嫌いだと思っていたけれど、自分大好きなんだなあと思いました。

そのことがほんのちょっぴり解った事で、今の自分を素直に受け止める気になりました。
理想とのギャップがあることも、そもそも理想が高すぎたことも・・・。

生まれた時の事を知ってからは、誰かのために何を出来るのか、を真剣に考えてきたつもりが、いつの間にか、でっかいことができると勘違いしてしまっていたのかも。
でも、諦めたくはないです。ギャップがあると解ったんだから、後は近づいていけばいいだけですよね。

「ウサギとカメ」のカメさんのようなゆっくりした歩みですが、卑下するだけではなく、そのギャップを埋めていけるように、ちょっとずつ近づいていけたらいいなあ。

あなた自身が思い描いているあなたってどんな人ですか。
その人とのギャップはどれだけありますか。

 お問い合わせはこちら

 - コーチング, リーダーシップ , , ,