ネイティブコーチのひとりごと

ネイティブコーチと仲間から言われるsmilecoachの考え方、コーチング的要素、日々の生活や研修講師・リーダーを楽しむ様子からのsmilecoach自身の気付きを毎日お伝えします。

苦手って思う事でシャットアウトしていないか

   

昨日、ハッとさせられたことがありました。
それは、研修をしている時に、「あれ?ここはこのままにしておけない」と思って、急遽、予定を変更して、出てきた内容について、少し深掘りをする時間を取りました。
結果として、そのことによって、皆さんの満足度が高まりました。

すると、その研修の企画者から、「smilecoachさんは、◯◯が苦手だと仰っていましたが、まさに今日の研修は、その苦手な◯◯をされていましたよね。」と言われたのです。

最初は、えっ?どれが?って思った位、ビックリしましたが、私が「苦手」と決めつけていた事への、「◯◯とはこういうもの」という概念自体が違っていたようでした。お恥ずかしくて、「◯◯」と敢えて記しているのは、そのためです。

概念自体の取り違えがあり、その上で、「苦手」と決めていたのですから、今までも許される時にはやってきた事なのですが、「そうなんだあ」とハッとさせられました。

苦手意識があるから、断ったり、変に身構えていたけれど、こういう事なんだあ。
ということは、「苦手」と決めつけてしまうことで、私は、シャットアウトしてきてしまったものがあったという事なんだろうなと限界を自分で作ってしまっていたことに気付かされました。

とは言え、そういう事だと知らずにしてきた部分は、出来ているということも、驚かされました。
言葉を勝手にイメージで捉え、勝手に「苦手」と決めつけてきたんですよね。本当の意味さえ知ろうとせず・・・。

確か、SEKAI NO OWARIさんの「プレゼント」という歌の歌詞にもありましたね。
「知らない」という言葉の意味 間違えていたんだ 知らない人のこと いつの間にか「嫌い」と言っていたよ 何も知らずに 知ろうともしなかった人のこと どうして「嫌い」なんて言ったのだろう・・・・

http://www.uta-net.com/song/194595/

まさにそんな感じです。
知ろうともしなくなってしまっていたことにハッとしたのでした。

これからは、苦手と思うことも、もう少し決めつけずに、やってみようと思いました。

最新情報


最新情報
女性活躍推進セミナーを2016年9月28日/10月20日、栃木県宇都宮市で開催。女性管理職・女性リーダーとして活躍するための意識や考え方を学び、マインドセットを醸成します。 厚生労働省:「女性活躍加速化助成金(Aコース)」及び、栃木県:「平成28年度女性の活躍及びキャリア育成に関する研修参加助成金」の活用が可能です。

 お問い合わせはこちら

 - リーダーシップ, 人材育成, 組織の活性化 , , , , , ,